村上 鷹平さん - 在校生のキャンパスライフ | 明治学院大学 法学部

大学の支援を受けて難関資格に合格しました。

法律学科4年(2014年6月現在)
村上 鷹平さん

大学の支援を受けて難関資格に合格しました。

私の将来の希望は、法律に関わる仕事に就くこと。小学生のときに「白い巨塔」というドラマを見て、医療裁判のシーンでの弁護士の活躍に感動したのがきっかけです。このドラマを見なかったら、法学部に入ることもなかったかもしれませんね。

これまでの大学の学習で印象深いのは、民事訴訟法のゼミです。特に10校以上の大学の学生が一堂に集まり、2泊3日の日程で民事訴訟法に関係するテーマで熱いディベートを繰り広げた体験は忘れられません。私の相手は強豪として知られる某大学でしたが、3か月もの準備をして臨んだ甲斐があり、納得のいく討論ができました。自分の実力を試すいい機会になったと思います。

そして、もうひとつ私にとって大きな挑戦だったのは、2年次のときに国家資格である行政書士の試験を受験したこと。学内の「国家試験対策室」が開講する講座で学び、一発で合格することができました。試験ではマークミスもあってほとんど諦めていたので、結果が分かったときには我が目を疑いました。

次の目標は、まずは希望の法科大学院に進学を決めることです。学科内に同じ目標を持つ仲間が何人もいるので、情報交換をしながら、準備を進めています。

プロフィール

村上鷹平(むらかみ・ようへい)
神奈川県生まれ。横浜市立金沢高校卒業。2年次で行政書士試験合格。畑宏樹教授の「民事訴訟法」ゼミに所属。

キャンパスのお気に入り

白金キャンパスの図書館。「夜10時まで開いているのでじっくり勉強できます」

お気に入りの本

『三国志』横山光輝

ある日の1日

2時限契約法
昼休み持参した弁当を学内で。親に感謝!
3時限民事法特講
4時限刑法各論
地元、横浜の磯子で塾講師のアルバイト

ページトップ