ホーム  >  図書館について  >  図書館の活動  >  【横浜校舎図書館】[10/19開催しました]本への愛を叫べ!-ビブリオバトルin 横浜図書館2016 第1回大会

【横浜校舎図書館】[10/19開催しました]本への愛を叫べ!-ビブリオバトルin 横浜図書館2016 第1回大会

2016年11月4日

2016年秋・冬、横浜図書館の注目の読書イベント!
本への愛を叫べ!-ビブリオバトルin 横浜図書館2016 第1回大会を2016年10月19日(水)に開催しました。

今回は5人のバトラーが出場。1人持ち時間5分間で本を紹介し、
さらに3分間の質問タイムで、他のバトラーや観覧者からの質問に答えます。
 

 



今回、紹介された本は以下のとおりです。様々なジャンルの本が揃いました。
1. 暴走する資本主義 (ロバート・B・ライシュ 著)
2. 文系学部解体 (室井尚 著)
3. 虞美人草(夏目漱石 著)
4. すべての仕事は「肯定」から始まる(丸山俊一 著)
5. 百億の昼と千億の夜(光瀬龍 著)

 全ての発表終了後参加者全員が、最も読みたくなった本に1票ずつ投票。
記念すべき第1回大会チャンプ本に選ばれたのは・・・・
「虞美人草」(夏目漱石 著)でした。

プレゼンによれば、今年は漱石没後100年、来年は生誕150年とのことで漱石の本を読み始めた、とのことでした!
質疑応答の時間には物語の一説を引用し、江戸時代に生まれ明治時代を生きた漱石が考える「新しい日本人像・新しい時代の生き方」について説明。
参加者からは「なるほど~!」など、納得の声が上がっていました。


バトラー、観覧者とも新しい本に出会えた楽しいビブリオバトルでした。
第2回大会は11月22日(火)昼休みに開催決定!テーマは「秋」です。みなさんの参加をお待ちしています。

 今回、5人のバトラーが紹介した図書は展示架2で展示中です。
バトラーによる渾身の力作POPにも注目です!