ホーム  >  図書館について  >  図書館の活動  >  【白金校舎図書館】企画展示「Shakespeareを読む。」開催中です

【白金校舎図書館】企画展示「Shakespeareを読む。」開催中です

2017年1月11日

数々の名作を生み出しているシェイクスピア。
今回は、明治学院大学所蔵の貴重書より劇作6作品を紹介しています。

<劇作6作品> 「ハムレット」「ロミオとジュリエット」「オセロ」 「十二夜」「真夏の夜の夢」「お気に召すまま」

さらに、シェイクスピア研究者、 故 三神勲本学名誉教授翻訳の草稿、「ハムレット」「十二夜」も必見!
あわせて、シェイクスピアの最大の詩業といわれる「ソネット集」の 西脇順三郎先生の日本語訳草稿も展示しています。
あの名ゼリフがそれぞれどう訳されているでしょうか。

また連動企画として、 貴重書でご紹介した作品について日本語や英語で書かれた資料も紹介しています。
クリスマスから数えて12日目、1月6日(十二夜)より展示開始しました! この機会に、シェイクスピアの世界を探索してみましょう!

「備えよ。 たとえ今ではなくとも、 チャンスはいつかやって来る。」