フランス文学科  /  お知らせ  /  齊藤哲也先生著『フィギュールの危険な誘惑』が刊行されました!

齊藤哲也先生著『フィギュールの危険な誘惑』が刊行されました!

齊藤哲也先生の著作、『フィギュールの危険な誘惑《シュルレアリスムの25時》第2期』(水声社)が刊行されました!

●フィギュールはキャンバスから飛び立ち、謎めいた言葉を囁く。

50-60年代のパリ・グループの一翼を担い、ブルトンの死、五月革命そしてグループ解体を経て、いまもなお〈シュルレアリスト〉であるジャン=クロード・シルベルマン。タブローを切り抜いて「看板」を作り、デッサンに詩をつけて「絵本」を書く画家・詩人の生き様を通して、シュルレアリスムの〈現在〉を捉える!

《ひとりの人間の生にここまで深く介入し、そのあり様を決定的に変えてしまう「シュルレアリスム」なるものとはいったい何か。いや「何か」とはけっして問わないでおこう。本書で語りたいのは、このいわく語りがたい何ものかに、亡霊のようにとり憑かれてしまったひとりのおとこの物語である。》(序章より)

(水声社Blongより:http://www.suiseisha.net/blog/?p=8325)