スマートフォン版を表示

白金キャンパス

※校友センター(白金本館9階)・明治学院同窓会本部(インブリー館1階)は、近隣のKDX高輪台ビル2階に移転いたしました。
明治学院大学より桜田通りを高輪台方面へ徒歩5分

施設紹介

1本館

"教室をはじめ、教務課、学生課、国際センター、キャリアセンターなど、大学生活に必要な部局がそろっています。中心には図書館があり、その7階には遠山一行記念日本近代音楽館が併設されています。"

22号館

「小さな館」をテーマに設計された、かわら屋根が目印の教室棟。本館同様、視聴覚設備を備えた遮音性の高い多目的教室があります。

33号館

半円形の3号館教室棟。500人が収容できる大教室があります。

410号館

1階にボランティアセンターと社会連携課、2階には法廷を再現した教室があります。

511号館

1-2階にピアノ練習室、4階には経済学部留学オフィスが設置されています。

613号館

全面をチークの木格子で包まれた13号館は2012年度にグッドデザイン賞を受賞しました。1階に教育キャリア支援課があります。

715号館(高輪校舎)

教室や実習室等を備えており、併設の心理臨床センターは、地域の方々への相談サービスを提供しています。

8ヘボン館

コンピュータ実習室、教員ラウンジ、大学院などが入るヘボン館。デザイン性の高い耐震補強が建築雑誌にも取り上げられました。

9パレットゾーン白金

学生のための生活と文化ゾーン。購買やダイニングラウンジ、カフェ併設のインナー広場などのくつろぎの空間とアートホール、サークルルーム、アリーナなどの活動スペースを備えます。

10明治学院礼拝堂(チャペル)

1916 (大正5) 年に落成し、後に両袖を拡張。2階後方のパイプオルガンは、12年の歳月をかけ歴史的工法で制作されました。 (港区指定有形文化財、2002年度「特に景観上重要な歴史的建造物等」として東京都指定)

11明治学院インブリー館

1889 (明治22) 年頃に建てられた、日本に現存する宣教師館の中でも有数の歴史をもつ貴重な建物。ウィリアム・インブリ一博士の住まいでした。1995 (平成7) 年から2年間かけ、もとの材料を活かして修復工事を行いました。 (国の重要文化財、2002年度「特に景観上重要な歴史的建造物等」として東京都指定)

12明治学院記念館

1890 (明治23) 年に建てられたネオゴシック様式の建物。1階の小チャペルは、静かな黙想の場です。19世紀につくられた足鍵盤付きリードオルガンが、大正時代の音をいまも響かせています。 (オルガン:港区指定有形文化財、建物:2002年度「景観上重要な歴史的建造物等」として東京都指定)

13KDX高輪台ビル

オフィスビルの2階に明治学院大学校友会、明治学院同窓会本部が入居しています。