教育改革への取り組み

文部科学省 地(知)の拠点

文部科学省「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」

文部科学省では、2015年度から5年間、補助金事業としてCOC+を公募しました。明治学院大学が、群馬県の共愛学園前橋国際大学の申請に首都圏拠点校として協力する形で採択されました。今後、2015~2019年度の5年間、本学の群馬県出身の在学生が地元で就職する際に有益な情報・取組を申請大学・参加大学とともに取り組んでいきます。

【事業名】

持続的地方創生共同体形成プログラム:若者定着県域総ぐるみ計画

【事業概要】

本事業では、若者の流出が顕著な群馬県を事業協働地域に定め、地方創生の核となる若者を中心とする「人」の集積を最大の目的として、社会連携教育による地域人材育成、多様なインターンシップ、企業と大学の密な交流や雇用創出、首都圏拠点によるUターン支援等を通して、若者の群馬県への定着を促進します。そのために、多くの協働機関が主体意識を共有しながら持続可能な地方創生共同体を県域総ぐるみで形成し、その規模を拡げ続けていきます。

【事業協働機関】

■ 参加大学:明治学院大学、高崎商科大学、上武大学
■ 参加自治体:群馬県、群馬県前橋市、高崎市、伊勢崎市、富岡市
■ 参加企業等:群馬県商工会議所連合会、群馬県中小企業同友会、前橋商工会議所、群馬銀行、しののめ信用金庫 他
■ 協力大学:群馬大学、群馬県立女子大学、群馬県立県民健康科学大学、前橋工科大学、高崎健康福祉大学、東洋大学(板倉キャンパス)、群馬医療福祉大学

【オリジナルサイト】

C3PG (Consortium Center of Community Plus in Gunma) オリジナルサイト

文部科学省に採択された教育プロジェクト

文部科学省では、私立・国立・公立大学を通じた大学教育改革に対する支援として、各大学から申請のあった教育改革の取組の中から、優れた取組(グッド・プラクティス=GP)を選定し、その活動について支援を行う教育プロジェクトを2003年度から開始しました。 明治学院大学では、この教育プロジェクトに申請を行い、以下のプログラムが高等教育における優れた教育取組の事例として採択されました。今後、更なる教育プログラムの発展を図ります。

心理学部

「心理支援論:心理学教育の新スタンダード」
―コミュニティ資源を活用した体験活動および循環型教育システムの導入と評価―
<2008年度~2010年度 質の高い大学教育支援プログラム(教育GP)>

「心理支援論」は、4年間を通して心理学の全領域にわたり総合的に学修する必修科目であり、「心理支援力」を育成します。大学内での講義と地域コミュニティでの体験活動による実体験との循環型システムや、学部生、大学院生、教員、コミュニティによる参加型エンパワメント評価を行います。大学とコミュニティをつなぐ公開授業を実施し、地域における心理支援のネットワークを構築しています。
心理学部教育GP

キャリアセンター

「ともに生きる」就職支援プロジェクト
<2009年度~2011年度 学生支援推進プログラム(学生支援GP)>

学生が他者とともに生き、社会に貢献する社会人として活躍するための就職支援プロジェクトです。「混雑緩和用窓口整理システム」の導入や相談員増員、保護者向け就職ガイドブックの制作と配布、学内セミナーを活用した企業との関係構築、情報供給の質的強化などに取り組んでいます。

「首都圏に立地する大学における産業界のニーズに対応した教育改善」
<2012年度~2014年度 「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」>

産業界のニーズに対応した人材育成の取組を行う大学・短期大学が地域ごとにグループを形成して、地元の企業、経済団体、地域の団体や自治体等と産学協働のための連携会議を設置して取組を実施することにより、社会的・職業的に自立し、産業界のニーズに対応した人材の育成に向けた取組の充実を図る優れた大学グループの取組を支援するものです。
本学は、幹事校である青山学院大学をはじめ、首都圏内の17大学と連携をして、様々な取組を行っていきます。

お問い合わせ

総合企画室 教育研究支援課 TEL:03-5421-5136