文学研究科: 人材養成上の目的・教育目標と3つの方針

人材養成上の目的・教育目標

文学研究科は、明治学院大学大学院の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、文学研究科の「人材養成上の目的および教育目標」を次のとおり定める。
文学研究科では、さまざまな創造活動や表現行為の研究を通して、人間のありようやそのあるべき姿を総合的にとらえることを目指している。その領域は文化、芸術、思想などの多くの分野に及ぶ。各分野における学知を探求し、領域横断的な人文知の発展に貢献する人間を育成することを教育の目標とする。
このような目的のもと、博士前期課程では、学士課程において培った能力をさらに発展させ、広い視野と深い学識に基づいた研究能力と専門的職業人としての能力を養うことを、博士後期課程では、専攻分野における自立した研究者としての能力、および高度に専門的な業務に従事し得る能力を養うことを目的としている。

課程修了の認定・学位授与に関する方針(ディプロマ・ポリシー) 

文学研究科は、明治学院大学大学院の「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に基づき、文学研究科および各専攻の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、所定の期間在学して所定の単位を修得するとともに、研究科各専攻の領域において、専門分野に関する知識・技能および知的応用能力を身につけ、学位論文(または所定の課題について成果)の審査に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。
課程修了認定と学位授与の要件は、次のとおりである。

博士前期課程
学生は、専門とする言語・文化・芸術・思想の各領域において、広い視野と深い学識を身につけ、各自の研究主題を分析し考察する専門的な研究能力を得ている。

博士後期課程
学生は、博士前期課程で身につけた学識・研究能力をさらに発展させ、かつ狭い専門性にとどまらない総合的な洞察力を得て、自立的な研究者としての能力を示す研究業績を上げる。

教育課程の編成および実施に関する方針(カリキュラム・ポリシー)

文学研究科は、明治学院大学大学院の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、文学研究科および各専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

博士前期課程
専門とする言語・文化・芸術・思想の各領域において広い視野と深い学識を身につけ、同時に各自の研究主題を分析し考察する専門的能力を身につけるように、バランスのとれた教育課程を編成し、修士論文の指導を効果的に行うことをめざす。

博士後期課程
博士前期課程で身につけた学識・研究能力をさらに発展させ、同時に総合的な洞察力を得て、自立的な研究者として活躍できる基盤となる博士論文の指導を効果的に行うことをめざす。

入学者の受入れに関する方針(アドミッション・ポリシー)

文学研究科は、明治学院大学大学院の「入学者の受入れに関する方針」に基づき、文学研究科および各専攻の定める「人材育成上の目的・教育目標」に照らして、文学研究科および各専攻の「課程修了の認定・学位授与の方針」・「教育課程の編成および実施に関する方針」に沿って、次のとおり「入学者の受入れに関する方針」を定める。
博士前期・後期課程および各専攻に共通する方針は、以下のとおりである。

  1. 求める人材像
    1. 本学の教育理念である“Do for Others(他者への貢献)”を理解・共感し、現代社会に生起する様々な問題への鋭い洞察力をもち、大学院における各領域における高度な学習と研究を経て、共生社会の担い手である教育研究者または高度専門職業人として社会に貢献しようとする意欲とその可能性を有している。
    2. 大学院における学びを進めるにあたり、学士課程等(博士後期課程にあっては博士前期課程または修士課程)で修得すべき基礎的な能力を身につけている。
  2. 入学者選抜の基本方針

    上記の「求める人材像」に掲げる意欲と可能性および基礎的な能力を有しているかについて筆記試験および面接あるいはいずれかにより適切な試験を行う。筆記試験においては学士課程等(博士後期課程にあっては博士前期課程または修士課程)で修得すべき基礎学力を、面接試験においては、教育研究者または高度専門職業人として社会に貢献しようとする意欲とその可能性の有無を重点的に評価する。

英文学専攻

人材養成上の目的・教育目標

文学研究科英文学専攻は、文学研究科の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、英文学専攻の「人材養成上の目的および教育目標」を次のとおり定める。

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学についての高度な専門的学識を授け、後期課程に進学し研究職を目指すために必要な研究能力をもつ人材や、英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の専門的知識を基盤に英語教育の実践の場で活躍できる人材、さらには英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学についての専門的知識を必要とする職業に就くことのできる人材の養成

博士後期課程

 研究者として自立し得る人材、または高度な専門的学識を基盤に、専門的知識を授け次の世代の研究者を養成し得る人材の養成

課程修了の認定・学位授与に関する方針 (ディプロマ・ポリシー) 

文学研究科英文学専攻は、文学研究科の「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に基づき、英文学専攻の「人材養成上の目的・教育目標」に沿った人間を育成するため、次のとおり課程修了の認定と学位授与の要件を定める。

博士前期課程

 学生は、英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の各自専門とする領域において、高度な学識を修得し、研究すべき諸主題を把握・設定し、それらを専門的な方法論により分析・考究する能力を身につけている。
博士前期課程では所定の期間在学して32単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

博士後期課程

 博士前期課程で修得した学識・研究能力をさらに深化・発展させ、専門的分野で研究者として自立するに足る研究成果を挙げる技能を身につけている。
博士後期課程では所定の期間在学して指導教授の研究指導12単位を修得し、博士論文の審査に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

教育課程の編成および実施に関する方針 (カリキュラム・ポリシー)

文学研究科英文学専攻は、文学研究科の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、英文学専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の各領域における高度な専門的学識を養い、各自の研究主題を分析し考察する専門能力を身につけさせるために、各種の英米文学専修者授業科目、英語学専修者授業科目、英語教育学専修者授業科目を、選択科目として設ける。学生の英語文献読解能力・英語論文作成能力を向上させるための科目、修士学位論文指導のための科目を、必修科目として設ける。学習成果の評価は原則として、講義・演習における研究態度や発表を参考にし、最終レポートを基に行う。

博士後期課程

 博士前期課程で身につけた専門分野の学識・研究能力をさらに深め発展させるため、指導教授による研究指導を科目として設ける。指導教授によるこの研究指導を12単位修得し、原則として毎年博士準備論文を執筆しなければならない。研究成果の評価は原則として、研究指導科目における研究態度や発表を参考にし、博士準備論文を基に行う。

入学者の受入れに関する方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の各領域において、高度な専門的学識を獲得し研究能力を発展させる意欲と可能性のある学生を求める。入学試験は秋季、春季の2回行う。志願者には研究に必要な語学力・学識を確かめる筆記試験を課し、面接試験を行う。合否は、筆記試験と面接試験により、適性を総合的に判断して決定する。成績優秀あるいは卒業論文提出済みの本学学生の志願者については、面接試験のみを行い、適性を判断し合否を決定する。

博士後期課程

 博士前期課程で身につけた専門分野の学識・研究能力をさらに深め発展させる意欲と可能性のある学生を求める。 志願者には修士論文(またはそれに相当する論文)の提出と、研究に必要な語学力と専門的学識・分析力を確かめる筆記試験および面接試験を課す。合否は、論文、筆記試験、面接試験により、適性を総合的に判断して決定する。

フランス文学専攻

人材養成上の目的・教育目標

文学研究科フランス文学専攻は、文学研究科の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、フランス文学専攻の「人材養成上の目的および教育目標」を次のとおり定める。

博士前期課程

 フランス語圏やフランスとかかわりのある国と地域における、文学と批評(テクスト性研究コース)と思想と芸術(モデルニテ研究コース)に関する広い視野と高度な知識を身につけ、研究能力と専門的職業人としての能力を培った、広く文化的な領域で活躍できる人材の養成

博士後期課程

 複合的な世界観に立った個々の文化研究を深め、日本語とフランス語での自己表現能力を身につけた、研究者として自立できる能力と高度に専門的な職業に就きうる能力を有する人材の養成

課程修了の認定・学位授与に関する方針 (ディプロマ・ポリシー)

文学研究科フランス文学専攻は、文学研究科の「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に基づき、フランス文学専攻の「人材養成上の目的および教育目標」に沿った人間を育成するため、次のとおり課程修了の認定と学位授与の要件を定める。

博士前期課程

 フランス語と、フランスとフランス語圏およびフランスとかかわりのある国と地域の文学・思想・芸術について、十分な知識・理解力・考察力・分析力・応用力・表現力を身につけ、広く文化的な領域の職業で活躍する能力を獲得すること。博士前期課程に2年以上在学し、30単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで修士論文(6単位)の審査および公開口述試験に合格し、合計36単位を修得することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

博士後期課程

 博士前期課程で修得した学識・研究能力をさらに発展させ、高度な専門的学識と総合的な洞察力を得たうえで、研究者として自立するに足る研究成果をあげ、高度に専門的な職業に就きうる能力を獲得すること。
博士後期課程に3年以上在学し、16単位を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで博士論文の審査および公開口述試験に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

教育課程の編成および実施に関する方針 (カリキュラム・ポリシー)

文学研究科フランス文学専攻は、文学研究科の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、フランス文学専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

博士前期課程

 テクスト性研究コース・モデルニテ研究コースのそれぞれにおいて、修了時に期待される能力・知識を身につけさせるために、論文指導をふくむ指導教授の演習を2年間必修とする。またコース別の選択必修科目として、特殊研究1科目を2年間履修しなければならない。広い知識を身につけるために、自由選択科目として、両コースの演習・特殊研究や文学研究科の他専攻の開講科目を履修することができる。留学を希望する学生のための留学準備演習も2017年度から開講する。また委託聴講生制度を利用して、協定7大学院の開講科目を履修することもできる。

博士後期課程

 両コースにおいて、指導教授の特別演習を3年間履修しなければならない。特別演習では、指導教授による研究指導・論文指導もおこなわれる。また、論文作成・留学の研究計画書作成・学会発表の方法などを身につける研究実習も1年間必修である。自由選択科目として、他コースの特別演習や特別講義を履修することができる。

入学者の受入れに関する方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

フランス語と、フランス・フランス語圏・フランスにかかわりのある国と地域の文学・思想・芸術について、高度な知識と見識を身につけ、それを自ら表現し、文化的な領域で活躍する意欲と可能性のある者を求める。入学試験は春季1回のみおこなう。志願者には研究計画書を提出させる。試験は、専門領域の知識やフランス語力をみる「専門・フランス語」の筆記試験と、「第2外国語」の筆記試験、および面接試験(研究計画書についての質疑応答もおこなう)を課す。合否は、筆記試験と面接試験を総合的に判断して決定する。

博士後期課程

上記の領域について、さらに高度な専門的学識をもち、自立した研究者となるべく自ら切磋琢磨してゆく意欲と可能性のある者、高度に専門的な領域の職業に就く意欲と可能性のある者を求める。入学試験は春季1回のみおこなう。志願者には修士論文を提出させる。試験は、フランス語力をみる筆記試験および面接試験(修士論文についての質疑応答もふくむ)をおこなう。合否は、筆記試験と面接試験を総合的に判断して決定する。

芸術学専攻

人材養成上の目的・教育目標

文学研究科芸術学専攻は、文学研究科の「人材養成上の目的・教育目標」に基づき、芸術学専攻の「人材養成上の目的および教育目標」を次のとおり定める。

博士前期課程

 芸術と真摯に向き合い、様々な文化的・社会的・歴史的コンテクストのなかで芸術をとらえる知的能力と感性を有し、それぞれの専門分野(音楽学研究コース、映像芸術学研究コース、美術史学研究コース、芸術メディア論研究コース)に関する広い視野と高度な知識を身につけ、研究能力と専門的職業人としての能力を培った、広く文化的な領域分野で活躍できる人材の養成

博士後期課程

 専門的な研究領域における研鑽に加え、さらに高度の専門知識と芸術的感性のバランスを有し、研究者として、あるいは専門的職業人として、国内外の学界および芸術に関わる様々な分野で活躍・貢献できる人材の養成

課程修了の認定・学位授与に関する方針 (ディプロマ・ポリシー)

文学研究科芸術学専攻は、文学研究科の「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に基づき、芸術学専攻の「人材養成上の目的および教育目標」に沿った人間を育成するため、次のとおり課程修了の認定と学位授与の要件を定める。

博士前期課程

 芸術と真摯に向き合い、さまざまな文化的・社会的・歴史的コンテクストの中で芸術を理解し、調査・分析・考察した成果を論理的に文章化できる能力を身につけ、広く文化的な領域分野で活躍する能力を獲得すること。
博士前期課程では所定の期間在学して32単位以上を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、修士論文の審査に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

博士後期課程

 博士前期課程で修得した学識・研究能力をさらに発展させ、新たな研究知見をもって自立した研究者としての資質と能力を示し、高度に専門的な職業に就きうる能力を獲得すること。
博士後期課程では所定の期間在学して12単位を履修し、かつ必要な研究指導を受けたうえ、博士論文の審査に合格することを課程修了認定と学位授与の要件とする。

教育課程の編成および実施に関する方針 (カリキュラム・ポリシー)

文学研究科芸術学専攻は、文学研究科の「教育課程の編成および実施に関する方針」に基づき、芸術学専攻の定める「人材養成上の目的・教育目標」および「課程修了の認定・学位授与に関する方針」に沿って、次のとおり「教育課程の編成および実施に関する方針」を定める。

博士前期課程

 音楽学、映像芸術学、美術史学、芸術メディア論の4コースにおいて、修了時に期待される能力・知識を身につけさせるために、専任および学外の講師の下での少人数の演習と特殊講義を履修することができる。これとは別に、修士論文の指導を行なう。なお、複数コース設置の利点を生かし、二つ以上の研究コースにまたがっての履修、あるいは文学研究科の他専攻の開講科目を履修することもできる。学修評価の基準は、演習、講義科目によって異なるので、原則として学生にはシラバスで明記し、それに従って適切、かつ公平な評価をする。

博士後期課程

4コースにおいて、論文指導を含む指導教授の講義8単位を含め12単位を履修しなければならない。自由選択科目として、指導教授以外の特殊研究や特殊講義も履修可能である。これとは別に、博士論文の指導を行なう。
学修評価の基準は、原則として、指導教官の特殊研究における研究態度や発表、研究準備、執筆計画、執筆準備など総合的に評価をする。

入学者の受入れに関する方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

音楽学、映像芸術学、美術史学、芸術メディア論のいずれかの領域について、基本的な専門知識と感性および論理的表現力を持ち、研究計画に従ってその能力を高め、社会および学術的に活躍する意欲と可能性のある者を求める。入学試験は春季1回のみ行う。志願者には基本的専門知識と研究に必要な語学力(英語とコースによっては第二外国語)の筆記試験、卒業論文ないしはそれに相当する論文の提出、および面接試験を課す。最重要視する評価手段は各コースにより異なるが、合否は、筆記試験と面接試験により、適性を総合的に判断して決定する。

博士後期課程

上記の領域について、さらに高度な専門的学識と論文作成能力を有し、芸術への感性を磨くとともに自立した研究者となるべく自らを鍛えていく意欲と可能性のある者を求める。入学試験は春季1回のみ行う。志願者には修士論文の提出、面接試験、および研究に必要な語学能力を見る筆記試験を課す。合否は、筆記試験と面接試験により、適性を総合的に判断して決定する。