文学研究科: 人材養成上の目的・教育目標と3つの方針

人材養成上の目的・教育目標

文学研究科では、さまざまな表現行為の研究を通して、人間のあり方、あるべき姿を総合的にとらえることを目指している。その領域は狭義の文学に限られず、文化、芸術、思想など、人類がその長い歴史を通して自らのありようを問い続けてきた多くの分野に及ぶ。
博士前期課程では、広い視野と深い学識に基づいた研究能力と専門的職業人としての能力を養うことを、博士後期課程では、専攻分野における自立した研究者としての能力、高度に専門的な業務に従事し得る能力を養うことを目的とする。そうした能力が狭い専門性にとどまることなく、幅広い関心と学識に支えられた超領域的で総合的な力として発揮できる人材を養成することを目的とする。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程
学生は、専門とする言語・文化・芸術・思想の各領域において、広い視野と深い学識を身につけ、各自の研究主題を分析し考察する専門的な研究能力を得ている。
博士後期課程
学生は、博士前期課程で身につけた学識・研究能力をさらに発展させ、かつ狭い専門性にとどまらない総合的な洞察力を得て、自立的な研究者としての能力を示す研究業績を上げる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

文学研究科では、「学位授与の方針」に基づき、専門領域のみならず広い視野と深い学識を身につけるために、各専攻がそれぞれの特殊性を尊重しつつ、バランスのとれた教育課程を編成する。

博士前期課程
専門とする言語・文化・芸術・思想の各領域において広い視野と深い学識を身につけ、同時に各自の研究主題を分析し考察する専門的能力を身につけるように、バランスのとれた教育課程を編成し、修士論文の指導を効果的に行うことをめざす。
博士後期課程
博士前期課程で身につけた学識・研究能力をさらに発展させ、同時に総合的な洞察力を得て、自立的な研究者として活躍できる基盤となる博士論文の指導を効果的に行うことをめざす。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

博士前期課程・博士後期課程ともに、各領域において、高度な専門的学識を修得し研究能力を発展させる意欲と可能性のある学生を求める。それぞれの課程における各分野の研究に要求される学識・能力を確かめるために、必要な試験を行う。

英文学専攻

人材養成上の目的・教育目標

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学、英語教育学についての高度な専門的学識を授け、後期課程に進学し研究職を目指すために必要な研究能力をもつ人材、英米文学・文化、英語学、英語教育学の専門的知識を基盤に英語教育の実践の場で活躍できる人材、英米文学・文化、英語学についての専門的知識を必要とする職業に就くことのできる人材の養成

博士後期課程

 研究者として自立し得る人材又は、高度な専門的学識を基盤に、専門的知識を授け次の世代の研究者を養成し得る人材の養成

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

 学生は、専門とする英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の各領域において、高度な学識を身につけ、研究すべき諸主題を把握・設定し、それらを専門的な方法論により分析・考究することができる。

博士後期課程

 博士前期課程で身につけた学識・研究能力をさらに発展させ、専門的分野で研究者として自立するに足る研究業績を挙げる。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の諸領域における高度な専門的学識を教授するために、各種の英米文学専修者授業科目と、英語学専修者授業科目を、選択科目として設ける。学生の英語文献読解能力・英語論文作成能力を向上させるための科目、修士学位論文指導のための科目を、必修科目として設ける。

博士後期課程

 専門分野の学識・研究能力をさらに深め発展させるため、指導教授による研究指導を科目として設ける。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

 英米文学・文化、英語学・言語学、英語教育学の各領域において、高度な専門的学識を獲得し研究能力を発展させる意欲と可能性のある学生を求める。研究に必要な語学力・学識を確かめる試験を行う。成績優秀あるいは卒業論文提出済みの本学学生の志願者については、面接試験のみを行う。

博士後期課程

 専門分野の学識・研究能力をさらに深め発展させる意欲と可能性のある学生を求める。研究に必要な語学力・学識を確かめる試験を行う。

フランス文学専攻

人材養成上の目的・教育目標

博士前期課程

 フランス語圏やヨーロッパの文学・批評 (テクスト性コース) と芸術・思想 (モデルニテコース) に関する高度な教養と見識を身につけ、広く文化的な領域で活躍できる人材の養成

博士後期課程

 複合的な世界観に立った個々の文化研究を深め、日本語とフランス語での自己表現能力を身につけ、研究者として自立できる人材の養成

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

 フランス語と、フランスの文学・芸術・文化、またフランス語圏およびフランスとかかわりのある各国・各地の文学・芸術・文化について、十分な知識と理解力、考察力、分析力、応用力、表現力を身につけていること。

博士後期課程

 博士前期課程で修得した学識・研究能力をさらに発展させ、総合的な洞察力を得たうえで、専門的な分野において研究者として自立するに足る研究業績を挙げること。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

博士前期課程

 テクスト性コース・モデルニテコースのそれぞれにおいて、修了時に期待される能力・知識などを身につけさせるために、論文指導をふくむ必修科目の演習を置く。またコース別の選択必修科目として特殊研究を、自由選択科目として基礎演習を、それぞれ複数コマ配置する。学生は両コースにまたがって履修できるようにする。

博士後期課程

 両研究コースにおいて、博士前期課程で得られた知識や能力をさらに高めるため、指導教授による特別演習、および特別講義を設ける。また1年次生のために専門性への導入を目的とした研究実習を置く。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

フランス語と、フランスの文学・芸術・文化、またフランス語圏およびフランスとかかわりのある各国・各地の文学・芸術・文化について、高度な教養と見識を身につけるとともに文化的な領域で活躍する意欲と可能性のある者を求める。志願者には研究計画書を提出させ、また専門領域についての基本的な知識や語学力(第2外国語をふくむ)を確かめるための筆記試験、および面接試験を課す。

博士後期課程

上記の領域においてさらに高度な専門的学識を修得し、自立した研究者となるべく自らを鍛えていく意欲と可能性のある者を求める。志願者には修士論文の提出と面接試験を課す。

芸術学専攻

人材養成上の目的・教育目標

博士前期課程

 芸術と真摯に向き合い、様々な文化的・社会的・歴史的コンテクストのなかで芸術をとらえる知的能力と感性を有し、それを言語化して伝えることのできる人材の養成

博士後期課程

 専門的な研究領域における研鑽に加え、専門知識と芸術的感性のバランスを有し、国内外の学界および芸術に関わる様々な分野で活躍できる人材の養成

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

 芸術と真摯に向き合い、さまざまな文化的・社会的・歴史的コンテクストの中で芸術を理解し、調査・分析・考察した成果を論理的な文章に表現できる力を身につけていること。

博士後期課程

 博士前期課程で修得した能力をさらに発展させ、新たな研究知見をもたらし、自立した研究者としての資質と能力を示すこと。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

博士前期課程

 音楽学、映像芸術学、美術史学、芸術メディア論の4研究コースにおいて、広く、深く専門知識や方法が身に付くよう、専任および学外の講師の下での少人数の演習と特殊講義を設ける。また、複数コース設置の利点を生かし、二つ以上の研究コースにまたがって受講することもできる。これとは別に、修士論文の指導を行なう。

博士後期課程

4研究コースにおいて、博士前期課程で得られた知識や能力をさらに高めるための特殊講義を設ける。これとは別に、博士論文の指導を行なう。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

映像、音楽、美術史、芸術メディアのいずれかの領域について、基本的な専門知識と感性および論理的表現力を持ち、研究計画に従ってその能力をさらに高め、社会および学界に貢献する意欲のある者を求める。志願者には基本的専門知識と研究に必要な語学力(2ヶ国語)の筆記試験、卒業論文ないしはそれに相当する論文の提出、および面接試験を課す。

博士後期課程

上記の領域について、さらに高度な専門知識と論文作成能力を有し、芸術への感性を磨くとともに自立した研究者となるべく自らを鍛えていく意欲と可能性のある者を求める。志願者には修士論文の提出、面接試験、および英語以外の語学能力を見る筆記試験を課す。