心理学研究科: 人材養成上の目的・教育目標と3つの方針

人材養成上の目的・教育目標

心理学研究科の教育研究の目的は、「こころを探り、人を支える」という教育理念の下、心理学を基礎として社会のさまざまな場面で活躍できる高度な能力を持つ人材を育成することである。博士前期課程では、幅広い心理学的素養と学識を基盤にしながら、社会の様々な支援の場で活躍できる実践力のある高度専門職業人の養成、博士後期課程では、個人への支援及び地域社会への支援を実行できる実践家・高度専門職業人の養成、心理学の基礎的研究、実践的研究、および基礎的研究と実践的研究を統合する力を持つ大学等の教員・研究者の養成を目的とする。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

心理学研究科では、前期課程・後期課程ごとにディプロマ・ポリシーを定める。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

心理学研究科では、前期課程(コース別)・後期課程ごとにカリキュラム・ポリシーを定める。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

心理学研究科では、心理学専攻博士前期課程・後期課程ごとにアドミッション・ポリシーを定める。

心理学専攻

人材養成上の目的・教育目標

博士前期課程
幅広い心理学的素養を基盤にし、支援の場で活躍できる実践力のある人材の養成又は、後期課程に進み研究職を目指すために必要な研究能力を持つ人材の養成

博士後期課程
個人への支援及び地域社会への支援を実行できる実践家の指導者の養成および、基礎的研究、実践的研究、さらに両者を総合する力を持つ研究者の養成

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

博士前期課程

こころのメカニズムを探り、こころや行動を科学的に論理づけられる心理学的基礎的研究能力・実践の能力を持ち、社会で起こる様々な問題を心理学的考え方や手法によって解決したり、支援したりすることのできる人材養成を目的とする。また、自らのこころやからだに気を配ると同時に、他者との関係、家族や地域、社会や文化に対して常に敏感であり、種々の環境的要因に対して配慮し、行動する力を身につけ、さらに、教育、医療、福祉、司法、産業などの領域において、高度の専門性をもった職業人として活躍できる能力を持つ人材養成を目的とする。

博士後期課程

心理学分野、教育発達心理学分野、臨床心理学分野を統合的に理解した上で、それぞれの分野における研究者としての能力、または臨床実践家を指導できる高度な専門性を有する指導者としての能力を身につけ、同時に、社会で起こる様々な問題を心理学の立場から理解し、整理し、どのように対応するかを提案することのできる研究力を備えた研究者、あるいは高度専門的職業人の養成を目指す。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

博士前期課程


〈心理学コース〉

心理学コースでは、人間のものの見方、考え方、他者との関わりにおける振る舞いなど、人間のさまざまな行動の基盤となるこころの仕組みを科学的な思考と方法論を用いて実証的に解明し、その成果を研究や実践という形で社会に還元できる「こころの探究者(理解者)」を育成する。  そのような人材の育成のために、実証的研究に欠かせない統計法や研究法の技術と知識の鍛錬を礎として、幅広く用意された心理学の専門領域の中から個々人が関心のある領域の先端的知識と研究方法を体系的に学べるように科目を配置している。これらの学修を通じて、心理学の方法論、専門的知識、課題解決力、論理的思考力、批判的思考力を社会に役立てられる人材を育成する。具体的には、他者との関わりや集団・組織における現象の分析や問題解決に対し、心理学的視点ならびに実証的手法を用いてアプローチし、社会へ貢献する専門的職業人、あるいは更に博士後期課程に進学し新たな知見を見出して学問の発展に寄与し、その知見の応用を通じて社会へ貢献する研究者の育成を目指す。


〈教育発達心理学コース〉

学校教育、特別支援教育、発達障害児・者支援、子育て支援を推進するリーダーとなる高度専門職業人を養成するために、教育発達に関する理論と実践を、体験的な実習をまじえて学修できるようにカリキュラムを編成する。必修科目では、教育発達に関わるさまざまな分野の学修を深めるために、発達心理学、障害児・者心理学、教授学習心理学の科目を配置する。また、選択科目では、より特化された領域の学修が深められるように、「発達理解」「行動の理解と支援」「学習の理解と支援」「教師支援、保護者支援」の4つの柱を設け、それぞれに専門的な科目を配置する。


〈臨床心理学コース〉

人々が抱くこころの問題を理解し援助するために、その問題を把握するアセスメントや種々の心理療法を学習し、心理臨床に関するより専門性の高い、さまざまな理論と実践を学ぶことができるようにカリキュラムを組む。必修科目では、まず臨床心理学特論で多面的な角度から心理臨床の事象を学習し、続いて、臨床心理面接特論において、相互の対人関係の根底をなす面接の方法について学べるようにする。本コースは、特に実習に重点を置いているため、心理支援の基礎となる臨床心理基礎実習と心理臨床センターにおいて実際にクライエントの支援を行う臨床心理実習を行い、対人関係のあり方や心理支援の仕方を実践的に習得できるよう配慮する。また、学外の医療機関や教育機関等での実習も組み入れている。すぐれた臨床能力は、専門的研究能力と合わせて担保されるため、心理臨床に関する修士論文の作成を求め、高度な専門性を考慮したきめ細かな研究指導を行う。修了後、日本臨床心理士資格認定協会の認定する臨床心理士試験に合格し、医療、教育、司法、福祉、産業等の領域で活動することを想定したカリキュラムとしている。

博士後期課程

心理学の全領域における研究者および臨床の実践家の指導者を養成するために、心理学に関する多角的視点を持つために必要な基礎心理学、発達心理学、社会心理学、障害児・者心理学、精神医学、臨床心理学等、心理学の幅広い学問領域について学修し、修得するためのカリキュラムを提供する。博士論文の作成にあたっては主指導教授の指導に加え、副指導教授等からも助言や指導が得られるようなシステムとし、併せて主指導教授以外の心理学領域の教授による科目の履修を必修とするカリキュラムを編成する。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

博士前期課程

幅広い視点に立った学識と専門分野における研究・実践能力を育むことを通して、研究者および高度の専門性を有する職業人に必要な能力を開発、育成する。そのために次のような人材を求めている。
1.人のこころに興味を抱き、心理支援を中心とした心理学の専門分野において研究や実践を推し進め、職業においてその専門性を発揮したいと考えている人。
2.大学の学部において心理学の基礎を習得し、より高度な心理学の専門性に興味と関心を抱き、心理学の理論や実践を身につけた研究者や実践家になることを希望している人。
3.人、家族、地域といった空間的な場における こころや対人関係の違いに興味を抱いたり、乳児期、幼児期、児童期、思春期、青年期、成人期、老年期までの生涯にわたる発達的変化や対人関係の違いに興味を抱くなどの視点から心理学の専門性を身につけ、研究や実践に生かしたいと考えている人 。

博士後期課程

心理学領域で活動している研究者や、臨床の実践家の指導を希望している人、さらに高度専門的職業人の養成に関わることを希望している人など、心理学領域における新しいことにチャレンジし、学修しようとする動機づけや志の高い人を求めている。

教育発達学専攻

人材養成上の目的・教育目標

修士課程
幅広い心理学的素養を基盤とし、教育発達学の専門的知識・技能を生かして研究職を目指すために必要な研究能力をもつ人材、及び多様な支援の場で活躍できる高度専門職業人の育成を目的とする。

学位授与の方針 (ディプロマ・ポリシー)

修士課程

教育発達学の深い理解に基づいて、個に応じた子どもの支援をする力を身につけ、いじめ・不登校問題の深刻化、特 別な支援を必要とする子どもの増加、学習のつまずきや学習意欲の減退といった複雑化する子どもの問題に対処してい くことができる人材を養成する。

教育課程編成・実施の方針 (カリキュラム・ポリシー)

修士課程

教育発達学専攻修士課程では、複雑化・多様化する子どもの問題に対応し、さまざまな場面において、子どもの発達 を支え、子どもの学習を支援していくことができる、高度な専門性を身につけた人材の養成を目指す。そのために、心 理学、教育学、障害科学を融合した教育発達学総論、教育発達学特論などの研究基礎科目を基盤としつつ、各自の興味 関心にそった専門性を積み上げていく課題探求科目を配置する。課題探究科目は、子どもの理解と支援における具体的 な課題に直接的に対応した解決力を身につけるために、科目群を、「A 発達の理解領域」、「B 行動の理解と支援領域」、 「C 学習の理解と支援領域」、「D 子どもの環境デザイン領域」の4つの領域に細分化している。領域を細分化すること によって、それぞれが深めたい領域の課題に直接対応する専門的に焦点化された知識・技能を身につけることを目指す。 本専攻は、実習科目にも重点を置き、多様な現場での取り組みを実践的に学修することを目的として、教育発達臨床研 究、教育発達臨床学外実習、障害児臨床実習、及び障害児臨床学外実習を配置している。また、研究基礎科目、課題探 究科目、臨床実習科目の3つの科目群の学修を総合して、大学院学生それぞれの興味関心に基づく研究テーマについて、 研究指導教員の個別指導の下に修士論文を作成する科目も配置している。

入学者受入れの方針 (アドミッション・ポリシー)

修士課程

本研究科は、現代社会の要請に応えて、「こころを探り、人を支える」ことのできる人材養成に力を入れ、心理学の基礎領域の研究、専門性を有する職業人に必要な能力の開発・育成をめざしている。したがって本専攻では ① 人のこころに興味を抱き、人の生涯発達に子どもを位置づけ、行動と学習過程の支援を中心とした教育発達学の専門分野において研究や実践を推し進め、職業においてその専門性をきわめ、発揮したいと考えている人 ② 学士課程において教育発達学の基礎、及びその隣接領域を修め、より高度な専門性に興味と関心を抱き、教育発達学の理論や実践を身につけた研究者や実践家になることを希望している人 ③ 家庭、地域といった場における対人関係の相違や、乳幼児期から児童期・思春期までの対人関係の発達的変化や特徴を踏まえて、多様な人々との共生をめぐる専門性を身につけ、研究や実践に生かしたいと考えている人を求めている。