野球部 第8戦 VS成城大学

明治学院大学(以下、明学大)野球部の今季第8戦が、5月1日(日)東京経済大学内のグラ ウンドで開催されました。
対戦相手は成城大学(以下、成城大)です。春季リーグの明学大は今のところ5勝2敗です。
2次リーグに進出後も1次リーグの結果を持ち越すシステムになっており、今回の1次リーグ最終試合は落とせない試合です。

試合は2回の裏、明学大の1アウト後に、2塁打、ヒットで1アウト1、3塁。ファーストゴロの間に3塁走者が帰って先制。
その後、2アウト1塁になりますが、主将の関谷さんが見事なホー ムラン。成城大0-3明学大になります。





3回の明学大はノーアウトから四球で出塁後、2盗、3盗でノーアウト3塁とし、レフト前にタイムリーが出て追加点。
その後も3塁打、犠牲フライで成城大0-6明学大となります。
明学大はピッチャーは継投策。無失点のまま3回終了で2番手に、6回終了で3番手に繫げます。
明学大はその後も攻撃の手を緩めず、5回には4番、5番の連続ヒット、ノーアウト1、2塁で6番がタイムリーヒット。
続いてノーアウト1、3塁でセカンドゴロ・ゲッツーの間にさらに追加点。5回を終わって成城大0-8明学大になります。




7回の成城大は死球と連続ヒットで、1アウト満塁のチャンスを作ります。
ここで3番手の秋葉さんがセカンドゴロ・ゲッツーで切り抜けて8回へ。
明学大は試合の終盤から代打攻勢でメンバーを大きく入れ替えます。
成城大に8回、9回のタイムリーヒット、エラーで2点ずつ取られますが、試合は成城大4-10明学大で終了。

1次リーグを終えて明学大は6勝2敗で3位。トップは7勝1敗の武蔵大、2位は6勝2敗の明星大です。
明学大の2敗は、武蔵大に2-3のサヨナラ負けと、明星大に延長10回の末、0-2で敗れた試合です。
入れ替え戦に出場するには、残り3試合は負けられません。

次の試合は5月7日(土)13時~VS明星大学(ネッツ多摩昭島球場)で開催されます。
続いて、5月8日(日)9時30分~VS武蔵大(川口市営球場)と連戦になります。もう負けられません。
皆さんの応援を宜しくお願いいたします。