野球部 順位決定戦 第2戦 VS武蔵大学



明治学院大学(以下、明学大)野球部は1次リーグを6勝2敗で終え、第2次リーグ(順位決定戦)に進出、
初戦は5月7日(土)に明星大学に3-0で勝利、あと2試合勝てば入れ替え戦進出が決定する大事な試合を
5月8日(日)に迎えました。相手は武蔵大学(以下、武蔵大)です。


明学大の先発は1年生の小鹿さん。今季初先発が大舞台になります。
試合は1回の表、明学大の1アウト1、2塁のチャンスにヒットで満塁。続くライトへの犠打で1点先取。
明学大1-0武蔵大となります。1回の武蔵大もチャンスを迎えますが、走塁ミスとゲッツーでチャンスをつぶします。
2回の明学大はツーアウト1、3塁となりますがこちらも走塁ミスが出ます。先発の小鹿さんは3回を0点に抑えますが、
4回、2アウトからソロホームランを打たれます。明学大1-1武蔵大となります。




5回の武蔵大は2アウト満塁のチャンス。前の打席でホームランを打ったバッターの打席で小鹿さんから松井さんに
ピッチャーが交代。ところが松井さんが踏ん張りきれません。死球で明学大1-2武蔵大と逆転。続いてレフト前タイムリーで
明学大1-3武蔵大、押し出しの四球で明学大1-4武蔵大となります。

6回の明学大の攻撃は1アウトからヒットが続きますが、タイムリーが出ません。7回の攻撃は三者凡退。
8回、明学大はチャンスを掴みます。2アウトながら1、2塁。続く関谷主将がライト前に落とし明学大2-4武蔵大。
続いて2アウト1、3塁でショートゴロ、このボールをショートがトンネルで明学大3-4武蔵大になります。
流れは明学大です。2アウト1、2塁で次のバッターもショートゴロ。このボールをショートがハンブルして1塁へ送球。
山梨さんのヘッドスライディンクでセーフと感じましたが判定は「アウト」、明学大スタンドより大きなため息とブーイングが出ます。
9回の明学大は先頭バッターがヒットで出ますが、バントミス、ライトフライ、そして 最後のバッターは三振。1点差に泣かされて試合は終了しました。








最終戦が5月14日(土)に開催されます。明学大VS獨協大、武蔵大VS明星大。この試合で明学大、明星大が勝利しますと、
明学大、武蔵大、明星大のトーナメントになります。5/14(土)10時半~明学大VS獨協大、13時~武蔵大VS明星大ともに、
行田市総合公園野球場での開催となります。