野球部 順位決定戦 VS東京経済大学

明治学院大学(以下、明学大)野球部の秋季の順位決定の最終戦(第4戦)、東京経済大学戦(以下、東経大)が、
10月23日(日)17時~相模原球場で開催されました。



明学大の先発は2年生の高橋さん。1回表の投球では制球が乱れるも無失点。1回裏、明学大の攻撃は死球、
ヒット2本で先制。その後、1アウト満塁で押し出しと内野ゴロで東経大0-3明学大と幸先の良い展開です。







2回表の東経大、先頭打者への四球で投手が早くも交代。エースの高崎さんがリリーフに向かいます。
ところが高崎さんも制球が定まらず2アウトで満塁に。次のセカンドへの難しい打球をセカンドが取り、
セカンドベースカバーのショートに投げますがセーフ。ショートがファーストに投げてバッターランナーを
刺しにいきますがこれもセーフ。フィルダースチョイスの間に、2塁・3塁のランナーがホームにかえり
東経大2-3明学大となります。

4回表、東経大は先頭バッターが2塁打。2アウトになったところでバッターがセカンドにヒット性のあたり。
セカンドが横っ飛びをしてグラブに当てますが、捕球できず追加点に。東経大3-3明学大と同点になります。

明学大の攻撃も6回裏、1アウトから四球、ヒットのあとライトに大飛球が飛びますが好守にはばまれ無得点。
7回裏の攻撃も2アウトで2塁。ところがタイムリーが出ません。8回裏も2アウトから四球、パスボールで2塁まで
進みますが、後続がファーストゴロ。9回裏も2塁、3塁までランナーを進めサヨナラのチャンスを掴みますが、
ここ一本が出ません。その間、明学大のエース高崎さんは立ち直り安定した投球を披露。ところが延長になった
10回表の東経大の攻撃はヒット、送りバントで1アウト2塁。サードへの内野ゴロは2塁ランナーをけん制しつつ
1塁へ送球。しかし、その間に2塁ランナーは3塁に進んでしまいます。OBからは「いやな予感がする…」とひと言。
そして次のバッターへの投球がパスボールとなり、東経大4-3明学大と勝ち越されます。10回裏の明学大の攻撃も
3者凡退でゲームセット。「2アウトでもランナーを3塁に進めると何が起きるかわからないのが野球なんです」とOB談。
野球部の秋季リーグは9大学中5位で終了しています。4年生は引退となります。
なお、第1試合、第2試合の関係でナイトゲームになってしまいましたが、寒空の中で応援を続けてくれた応援団、
チアリーダーの皆さんに感謝申し上げます。