スマートフォン版を表示

野球部 春季リーグ第7戦 VS東京経済大学

野球部の春季リーグ第7戦が、4月29日(土)東京経済大学(以下、東経大)グラウンドで開催されました。
現在、野球部は3勝3敗で入れ替え戦に向けてこれ以上の星は落とせません。明治学院大学(以下、明学大)
の先発はエース4年生の高崎さん。











明学大は2回裏、得点圏にランナーを送りますがタイムリーが出ません。試合が動いたのが3回表の東経大。
セカンドエラーとバント、四球等で2アウトで1、3塁。続くバッターのライト前のタイムリーで東経大が先制。
その後、センターに抜ける打球をセカンドが攻守で大量得点を阻みます。
明学大は5回裏、レフト前ヒット、バント、四球、盗塁で1アウトで1、3塁。内野ゴロでホームをつくもホースアウト。
2アウト、1、2塁から死球で満塁。ここで3番の松井さんが左中間を破る2塁打で3人ランナーがホームを踏みます。
東経大1-3明学大と逆転。









その後、東経大は6回に1アウト1、2塁からレフトに大きな打球を飛ばしますがレフトが攻守。
7回から9回の東経大の攻撃を、しり上がりに調子が良くなったエース高崎さんが見事に抑えて完投。
試合は東経大1-3明学大で終了しています。高崎さんは自責点ゼロの好投でした。
明学大はこれで4勝3敗。





翌日(4月30日)に武蔵大学戦が開催されましたが、明学大4-6武蔵大で敗退。この段階で、城西大、明学大、
東経大、大東大が4勝4敗で同率となったため、明学大は5月2日の順位戦で東経大と改めて戦うことになりました。

★5月2日(火)12時~ 明学大VS東経大(飯能市民球場)
上位リーグ戦に進出するためには絶対に負けられない試合になります。