スマートフォン版を表示

野球部 春季順位決定戦 上位リーグ第1戦 VS武蔵大学

野球部の春季順位決定戦上位リーグ戦がスタート、5月6日(土)ネッツ多摩昭島スタジアムで初戦の武蔵大学
(以下、武蔵大)戦が開催されました。



明治学院大学(以下、明学大)の先発メンバーに1年生が2名出場。ピッチャーは左腕の三浦さん(4年生)が
今シーズン初先発。

試合が動いたのが、2回裏の武蔵大の攻撃。2アウト3塁からライト前のタイムリーで明学大0-1武蔵大。
3回表の明学大も得点圏にランナーを送りますが、得点に繋がりません。4回裏の武蔵大はレフト前ヒット、
死球、バントで1アウト2、3塁。7番がセンターオーバーの3塁打で明学大0-3武蔵大。ここで、明学大の
ピッチャーは三浦さんから下手投げの樺沢さん(3年)に。武蔵大はこのピッチャー交代の機にスクイズを決め
明学大0-4武蔵大。







5回表の明学大はヒット2本で1アウト1、2塁。ところがここで2塁ランナーが牽制で刺されてしまいチャンスを逃します。
裏の武蔵大の攻撃は、1アウト2、3塁からレフト前ヒットと犠打で明学大0-6武蔵大と大差がついてしまいます。
7回以降の明学大の攻撃も、武蔵大のエース本田さんに抑えられ試合はこのまま終了。









明学大は翌日、上位リーグの第2戦を迎えましたが明学大4-6獨協大で連敗。明学大の次の試合は、
5月13日(土)10時半~大東文化大学戦(上谷総合公園野球場)になります。春季の最終戦になります。