バスケットボール部(女子) 関東大学選手権 東京女子大学戦

バスケットボール部(女子)が、記念大会である第50回関東大学バスケットボール選手権大会に出場、
5月3日(祝)に文教大学越谷キャンパスで東京女子大学(以下、東女大) との試合が開催されました。

試合は第1クオーター、序盤3分頃までは明学大8-8東女大と競り合います。
開始5分からは明学大が連続パスカット、連続得点とリードを広げます。
明学大のシュートの精度は決して高くないのですが、ゴール下の競り合いが強く、
リバウンドを確保するのは明学大です。第1クオーターは明学大28-10東女大で終了します。

第2クオーターに入ってからも東女大はミスが目立ちます。
一方、明学大も簡単なシュートを外すといったミスも目立ちます。
3分で明学大34-12東女大と点差は広がり、明学大はメンバー交代も多くなります。
また、明学大のしつこいディフェンスは大きな力を発揮します。
第2クオーターが終わって明学大54-16東女大となり前半は終了します。











第3クオーターでは、より得点差が広がり明学大81-20東女大、試合終了時には明学大122-21東女大と大差がつきます。
明学大は第3クオーターは4点、第4クオーターは1点の失点しか許さなかったことになります。

次の試合は、同じリーグ所属の国学院大学戦【5月7日(土)14時~(場所:神奈川大学)】になります。
国学大は降格して3部になったチームですので、3部ランキングは1位のチームです。
明学大の実力を測れる大切な試合になりますし、秋のリーグ戦を占う試合にもなると感じます。
ノックアウトシステムの大会です。皆さんの声援をお願いいたします。