バスケットボール部(男子) 関東大学リーグ戦 VS学習院大学

関東大学バスケットボールリーグ戦が、10月2日(日)14時~関東学院大学金沢八景キャンパスで開催されました。
対戦相手は学習院大学(以下、学習院大)で明治学院大学(以下、明学大)は現在5勝5敗、上位リーグ順位戦に
向けて落とせない試合です。

第1クォーター、明学大が先制されますが、3分で明学大6-5学習院大となります。6-7、8-11から3ポイント
シュートを決められ8-14の展開に。両チームロースコアの展開で明学大12-16学習院大で終わります。

第2クォーター、明学大の先制バスケットカウントでスタート。2分半、明学大の3ポイントシュートで、
明学大20-18学習院大と逆転。ところが学習院大も連続ゴールで返し20-24に。明学大は終了間
際にフリースローを入れて、明学大25-29学習院大で前半は終了。OBからは「攻めのリズムが悪い」
といった苦言も…。













第3クォーター、1分半で25-33、2分半で25-35と明学大に得点が入りません。6分に3ポイントで返して
明学大30-35学習院に。その後、学習院大のランニングシュートで2桁の得点差になりますが、第3クォーター
は明学大39-46学習院大で終了。

第4クォーターは明学大のバスケットカウントで明学大42-46学習院大からのスタート。 2分には明学大が
3ポイントシュートを入れて45-48と3点差。その後、47-52、49-53の展開になりますが、試合終了2分前に
学習院大の3ポイントが決まり明学大51-59学習院大に。

最後は3ポイントを決めましたが、明学大58-67学習院大で試合は終了しています。
リーグ戦は5勝5敗で12大学中7位になり、下位リーグ戦への進出が決定しています。

試合後、OBからは「受けてしまいました。明学はチャレンジャーになるべきで、出足で圧倒する意気込みでないと…」と
コメントを貰っています。

次の試合は東京成徳大学との試合が、10月8日(土)17時20分~関東学院金沢八景キャンパスで開催されます。