スマートフォン版を表示

バスケットボール部(女子) 入れ替え戦 VS大東文化大学

10月28日(土)埼玉県戸田市スポーツセンターで明治学院大学バスケットボール部女子の入れ替え戦が
開催されました。対戦相手は大東文化大学(以下、大東大・2部Bブロック6位)です。
明学大は3部Aブロックを全勝で勝ちあがり、3部全体で3位として入れ替え戦に挑みます。



明学大のスタメンは、0番石橋さん、8番古川さん、17番市川さん、71番森さん、77番寺井さんのベストオーダー。
試合は大東大の得点でスタート。2分半に明学大は主将の古川さんのシュートで明学大2-3大東大。
3分10秒、古川さんの3Pで5-5。序盤、明学大はボールが手につきませんが、大東大もミスが多く感じます。
5分経過で6-11。明学大は簡単なシュートを外します。いつもと違うように感じます。
8分に大東大が3Pを入れて8-14。明学大は大東大のゴール下に入れません。9分、大東大が20点に到達(明学大8-20大東大)。
残り1分で77番寺井さんの3P、7番乳井さんのカットイン、そして最後はハーフライン付近からの寺井さんの3Pが入って
明学大16-20大東大て終了。OBからは「ディフェンスです」といった声も。







第2クォーター2分で明学大19-24大東大。第2クォーターになり明学大は大東大のゴール下に入ります。
2分半に古川さんのシュートで21-24。3分半に寺井さんの3Pで24-26。4分、16番大島さんがフリースローを入れて26-26の同点に。
ここで大東大が返してきます。5分半、古川さんの得点で明学大30-30。6分、寺井さんのシュートで明学大32-30。
この試合初めてのリードを取ります。その後は32-33、32-35、32-38と明学大の得点が動きません。
8分半で明学大34-38大東大。明学大のシュートミスと大東大の得点で34-42。
最後は寺井さんの3Pで明学大37-44大東大で第2クォーターが終了します。
男子バスケの小出コーチからは「ゴール前のディフェンスラインを上げたいですね…」といったコメントも。







第3クォーター、1分半の大東大の得点で37-48と2ケタ差になります。3分半には古川さんの3Pで40-52。
大東大が明学大ゴール下に入ってきます。4分には40-54、大東大のオフェンスでのリバウンドが明学大を上回っています。
5分過ぎから両チームの得点が動きません。8分には明学大44-56大東大。9分には明学大のロングバスが通って46-58。
第3クォーター終了間際に71番森さんの3Pで明学大49-58大東大の1桁差で最終クォーターに。







第4クォーター、明学大の得点で50-58。1分半には古川さんの強引なシュートで52-60。
2分半には明学大54-62大東大となり「入れば明学大の流れになる」と感じるのですが、
ここで必ず大東大が返してきます。3分半で54-66。4分半に大島さんのフリースローで58-66。
ここでも大東大は3Pを入れてきます。58-69、58-71から6分半には森さんの3Pで61-73に。
8分に66-77となり、最終得点は明学大66-79大東大で試合は終了しました。









明学大の約50年ぶりの2部昇格は来年への持ち越しとなりました。
明学大の流れになりかけると大東大が流れを離さない、玉際のプレイも大東大は上手かったようです。
一方、3部リーグの対戦では明学大が勝利している関東学院大学が、2部昇格を決めています。
明学大が2部昇格まで、もう少しの所まで来ているのは間違いありません。
4年生はこれで引退。古川さん、中川さん、野上さん、君塚さんの4名の皆さん、4年間ご苦労様でした。