スマートフォン版を表示

アメリカンフットボール部 リーグ第5戦 VS芝浦工業大学

11月5日(日)にアメリカンフットボール部の第5戦(VS芝浦工業大学…以下、芝工大)がヘボンフィールドで開催されました。
明学大は第4戦が終わって3勝1敗。入れ替え戦に向けて負けられない試合が続きます。







第1クォーター早々に明学大はゴール前20ヤードラインまで進みます。2分半、明学大はフィールドゴールを狙いますが外れます。
8分半、明学大は左サイドを22番小峰さんが走りこみタッチダウン、明学大7-0芝工大となります。
明学大のディフェンスが良く、芝工大は1stダウンが中々取れません。明学大は小峯さん、河合さんのランが光ります。







第2クォーター、開始早々QBから13番安達さんへのパスで15ヤード付近に進みます。
32番河合さんの連続ランと、QBから13番安達さんへのバスでタッチダウン、明学大15-0芝工大となります。
6分半にも明学大はフィールドゴールで追加点。9分過ぎに明学大はパント処理をミスして、自陣ゴール前でのディフェンスになりますが、
芝工大のオフェンスを明学大ディフェンスが上回ります。前半は明学大18-0芝工大で終了します。







第3クォーター、明学大は2分過ぎ芝工大のパスをインターセプト。その後は1年生QBの山下さんのパス、芝工大の反則でゴール前に。
5分に32番河合さんのランでタッチダウン、明学大26-0芝工大となります。7分半にも芝工大のファンブルを明学大が確保。
QB山下さんのランで大幅ゲイン。8分にQB山下さんから13番安達さんへのパスとランでタッチダウン。明学大33-0芝工大に。
2分には芝工大のパントキックを明学大がチャージしてタッチダウン。明学大40-0芝工大で第3クォーターが終了します。







第4クォーター開始早々、明学大のミスで自陣に。芝工大が攻めますが明学大のディフェンスが凌ぎます。
10分には明学大が芝工大のパスをインターセプト。28番木村さんが右サイドを走り切りタッチダウン。
試合はこのまま明学大47-0芝工大で終了しています。

明学大は残り2試合。次の試合は11月19日(日)10時45分~、アミノバイタルフィールドで東洋大学との戦いになります。