ラクロス部女子入れ替え戦へ! リーグ戦(第5戦) VS東京大学

10月23日(日)11時20分より、明治学院大学(以下、明学大)ラクロス部女子のリーグ戦が
東大駒場第二グラウンドで開催されました。対戦相手は東京大学(以下、東大)です。
ラクロス部女子は今の段階で2勝2分。この試合に勝つと2部Aブロック優勝と1部との入れ替え戦に、
ただし引き分け、敗退ですと入れ替え戦に進出できません。



試合は開始早々明学大が先制。3分にも13番が強引に持ち込んでゴール。
明学大のディフェンスが堅く東大が攻めあぐんで見えます。
東大も8分、個人技で持ち込みディフェンスをかわして得点。明学大2-1東大となります。
続けて東大が明学大の反則でフリースロー、ゴール裏からゴール前につなげて連続得点。
15分で明学大2-3東大と逆転されます。明学大も試合の中盤から後半にかけて、54番、32番がゴールをあげて再逆転。
前半は明学大4-3東大で終了します。












後半は開始2分、明学大の反則で東大がフリースローで先制、同点になります。5分にも東大がフリースロー。
明学大4-5東大と再逆転。ここで敷浪ヘッドコーチがタイムを取ります。
タイム明けの6分、明学大のゴール裏からのパスがゴール正面に。シュートが決まり同点に、
続いてフリースローからパスをシュートして明学大6-5東大と再逆転。東大も14分に続き、
17分にも個人で切り込み連続ゴールで明学大6-7東大と再逆転。同点では明学大の入れ替え戦への進出はありません。
時間は残り5分、明学大の11番が持ち込み同点に。残り4分、明学大のフリースローが入り再逆転。
残り3分で明学大がさらに追加点。明学大9-7東大となったところで東大がタイムアウト。
二転三転した試合でしたが、試合はこのまま終了。明学大ラクロス部女子のブロック優勝と入れ替え戦進出が決定しています。













入れ替え戦は、11月13日(日)9時半~VS東京女子体育大学(一部 Aブロック6位)で、ヘボンフィールドでの開催となります。
2年ぶりの関東1部リーグ昇格に向けて、オール明治学院大学で応援を宜しくお願い致します。