報告:11/23(日) 青山学院大学戦 ラグビー部

今年度、大学ラグビー対抗戦Aグループに昇格しました明治学院大学ラグビー部が、
11月23日(日)八王子市上柚木公園陸上競技場で青山学院大学と対戦しました。
今シーズン、第6戦目になります。天気は快晴で大変暖かく観戦にはベストコンディションでした。

受付のラグビー部女子マネです。いつもご苦労様です。


受付では寄せ書きを求められました。多くの方が激励の言葉を。



試合は両大学の校歌斉唱の後、青山学院大学キックオフでスタートしました。

毎回ですが、多くの応援に感謝いたします。福島、釜石から来たといった声も…。


いざ、出陣。


開始早々の前半4分、青山学院大学が明治学院大学反則からペナルティゴールを決め青山学院大学が 3点先取します。
その後、明治学院大学が危険な反則で、10分間の退場処分を受けるシーンもありましたが、
両チーム得点の動かない時間が20分ほど続きます。
過去の数試合では前半で大きな失点を重ねる場面が多く、それらの試合と比較すると締まったゲーム展開です。

ところが前半23分、36分と青山学院大学が駈け抜けてトライ、ゴールを上げます。
明治学院大学も前半終了間際にペナルティゴールを上げ、明治学院大学3-17青山学院大学で前半は終了します。

ペナルティゴールで明学大3-17青学大で前半折り返し


後半に入り、6分明治学院大学はペナルティゴールを決め明治学院大学6-17青山学院大学と追いすがります。
ここでワントライ取ることが出来ると、試合の展開は明治学院大学の流れになるのですが…。







反対に10分、13分と明治学院大学のミスから青山学院大学に連続トライ、ゴールを許してしまいます。
そして最終スコアは明治学院大学6-38青山学院大学でノーサイドとなりました。

ノーサイド…。残念な結果でした


この敗退で明治学院大学は12月14日(日)に開催されます、対抗戦AB入れ替え戦に進むことが決定しました。

今回の試合ですが、相手に付け入る隙はあったと思いますが、明治学院大学はパスミス、
不用意なキック(マイボールを継続しない)で、試合の展開を自ら悪くしてしまったようにも感じました。

「勝つと思う…」と観戦に来た本学関係者からは「ノートライになるとは思っていなかった…」
といった声も聞かれました。


これで残すは立教大学との試合のみです。
12月7日(日)12時~会場は江戸川区陸上競技場で開催されます。
この試合の勝敗により、入れ替え戦の対戦相手が大きく変わってきます。大切な一戦になります。

江戸川区陸上競技場アクセス