スマートフォン版を表示

ラグビー部 対抗戦第6戦 VS一橋大学

11月12日(日)に明治学院大学(以下:明学大)ラグビー部が、ヘボンフィールドで一橋大学戦(以下、一橋大)を迎えました。
ラグビー部は現在5戦全勝。この試合に勝つと入れ替え戦進出が決定します。一方、一橋大は4勝1敗。
この試合を落とすと入れ替え戦進出が閉ざされます。試合は一橋大のキックオフでスタート。

ファーストプレイで明学大ゴール前で明学大の反則。一橋大がペナルティゴール(PG)を決めて明学大0-3一橋大と先制されます。
8分に一橋大が明学大ゴール前のラックからFWの突進。明学大のタックルが甘くトライを取られます。
明学大0-10一橋大と予想外の展開に。13分、一橋大ゴール前で一橋大が反則。明学大はPGを狙わずスクラムを選択します。
その後も攻撃を続け、15分スクラムから出たボールを繫げてトライ、に見えましたがノックオンを取られます。
15分~20分明学大がボールを維持しますが、ゲインラインを中々越せません。
一橋大の低く、強いディフェンスが明学大を苦しめます。25分、一橋大の反則後、明学大のプレイが遅延行為とみなされます。







前半のロスタイム。明学大は自陣ゴールからボールを繫げます。プレイが切れたら終了のホイッスルが鳴る状況で、少しずつ前進します。
左右に展開して大きくゲインする中、左サイドにこの試合初のトライをあげます。見事な継続攻撃でした。そして前半終了。
後半に繋がるプレイになりそうです。
明学大5-10一橋大で折り返します。明学大のセットプレイが安定しないこと、一橋大のディフェンスがしっかりしているように感じます。







後半に入り5分、一橋大が明学大ゴール前に。明学大ラインアウトが安定せずに一橋大のボールになります。
7分、一橋大がキックを明学大ゴール内に蹴り、そのボールを押さえてトライ、明学大5-17一橋大となります。
12分明学大が一橋大ゴール近くに行きますが痛恨のノックオン。15分明学大は3名の選手を交代します。
20分にも明学大は一橋大陣地に入りますがここでもノックオン。
22分にも一橋大ゴール前まで行き、絶好のチャンスでしたがここでも明学大はノックオン。
「明学、落ちつけ」といったベンチからの声も。







反対に一橋大は29分にボールを繫げて追加のトライ、35分には明学大がゴール前でFWの連続攻撃でトライを奪い明学大10-24一橋大。
ところが38分、明学大が繫げて一橋大のゴールラインまで来ますが、反対に一橋大にボールを奪われ独走トライ。
試合は明学大10-31一橋大で終了しています。







一橋大のがむしゃらなプレイに、明学大は受けてしまったようで良いところがありませんでした。
また、一橋大は明学大のセットプレイを研究していたように感じます。マイボールのラインアウトが安定していないので、
流れに乗ることが出来ませんでした。また、明学大にノックオンが多かったのも一橋大の強いディフェンスによるものでしょう。

11月25日(土)は最終戦。一橋大(5勝1敗)VS武蔵大(4勝2敗)の試合後に、明学大(5勝1敗)VS立教大(6戦全勝)の試合が開催されます
(立教大戦は14時~熊谷スポーツ文化公園ラグビー場 Bグラウンド)。入れ替え戦進出の可能性はまだ充分にあります。
大学としても、立教大戦は有料チケットの無料配布を行う予定です。詳細は別途大学HPをご確認ください。