スマートフォン版を表示

サッカー部 関東大学リーグ第20節 VS青山学院大学

10月29日(土)11時半より、古河市立古河サッカー場で関東大学リーグの第20節、
青山学院大学(以下、青学大)戦が開催されました。明治学院大学(以下、明学大)は勝ち点14で現在11位。
10位が朝鮮大学(勝ち点17)、12位関東学院大学(同13)と残留の10位を目指して僅差で争っている状況です。



試合は開始1分、明学大のコーナーキックを頭であわせますが、力なくGKにキャッチされます。
9分にも明学大がゴール正面でFK。28番のシュートはポスト右に外れます。
19分、青学大が左サイドに切り込みセンターリングを10番が合わせて先制。明学大0-1青学大となります。
21分にも青学大が左サイドから持ち込み9番が技ありのループシュート。明学大0-2青学大となります。
青学大のオフェンス力、ポジショニングが高く感じます。前半は明学大は見せ場を作れずに終わります。
OBからは「かみ合っていないし、サイドバックがもっと機能して欲しい」といったコメントも。











後半7分、明学大は右サイドから攻撃しゴール前で数回のシュートチャンスがありましたが得点になりません。
その後、明学大はゲームを作れません。青学大は少人数の攻撃でも形を作ります。
30分青学大が1対1のシュートを外しますが、34分にコーナーキックのこぼれ玉を押し込み追加点。
反対に明学大は38分に左サイドからのFKを頭で合わせ、落としたボールをショートして初得点。明学大1-3青学大となります。
ところが1分後、青学大はゴール前でフリーになった選手が得点を上げて明学大1-4青学大。
ロスタイムにも明学大ゴール前で余裕のパス回しから追加点。試合は明学大1-5青学大で終了しています。













20節が終わったところで、10位朝鮮大学(勝ち点17)、11位関東学院大学(同16)、12位明学大(同14)となっています。
第21節は11月6日(日)VS関東学院大学(11時半キックオフ:古河市立古河サッカー場)での開催となります。
残り2試合、絶対に勝利が必要です。