サッカー部 東京都1部リーグ第3戦 VS立教大学

5月7日(日)11時より、東京都1部リーグ第3節の立教大学(以下、立大)戦が立教大学の富士見グラウンドで
開催されました。今のところ立大は2戦全勝、ここで黒星をつけておきたいところです。







試合は立大のキックオフでスタート。開始10秒で立大がシュート、積極的に狙いに来ています。開始10分、
立大の方がグラウンドを広く使用し、ボールの繋がりも良いと感じます。20分立大がゴール正面からシュート、
明学大GKがキャッチします。25分立大がフリーでボールを持つシーンが多くなります。
明学大はペースがつかめません。30分明学大が7番黒石川さんの左サイドの突進から、10番エース行武さんが
シュート。右に外れます。42分立大がゴール正面の絶好の位置からFK。シュートが枠に入りません。
前半はこのまま明学大0-0立大で終了。立大が優勢に進めているように感じます。







後半に入り明学大がイエローカードを連続してもらいます。13分、明学大3番高橋さんがゴール正面からシュート。
GKがパンチしコーナーキックになります。このコーナーキックからのボールを立大が反則、PKが明学大に与えられます。
10番行武さんが確実に決めて明学大1-0立大と先制します。22分立大が右サイドからの攻撃に対して、
明学大の守備のつめが甘くなります。立大のシュートをGKがパンチで攻守します。32分明学大の11番鳥谷部さんの
右サイドの攻撃に対して立大が反則。FKを3番高橋さんが頭で合わせて追加点。明学大2-0立大となります。
35分に立大のシュートをGKがキャッチ、36分にも立大のシュートがクロスバーを越えます。
40分にも立大が正面からシュートを打ちますが、わずかに左にそれます。45分明学大が10番から左サイドの
34番柴田さん、18番山田さんと繋がってシュート、これが決まり明学大3-0立大と決定的な3点目が入ります。
試合はそのまま終了。







立大が優勢だった前半に得点を入れられていたら、違う試合結果になっていたかもしれません。
勝ち点3を立大から取れたこと、また3点差で勝利したことは非常に大きいと思います。

次の試合は第4戦、5月14日(日)13時10分~帝京大学戦(亜細亜大グラウンド)になります。


 明学大10番 行武さんのPKで1点目


 明学大3番 高橋さんのダイビングヘットで2点目


 明学大18番 山田さんのダメ押しで3点目。