スマートフォン版を表示

サッカー部 関東サッカー大会第1戦 VS東京経済大学

10月29日(日)、関東サッカー大会の第1戦東京経済大学(以下、東経大)戦が横須賀リーフスタジアムで開催されました。
当日は、台風も近づいており、雨、風、寒さで大変悪いコンディションの中での試合になりました。







試合は開始1分、明学大の9番土屋さんの絶妙なループシュートが左ポストに当たります。
2分には東経大が右サイドからシュート、GK松田さんが慎重にキャッチをします。
8分には左サイドから8番の新井さんが折り返しますが、シュートチャンスがあるも反則を取られます。
11分には明学大がイエローを貰います。この試合、ロングパスは全く機能せず、グランディングのボールは止まってしまいます。
15分にも土屋さんが左サイドからシュートを打ちますがサイドネットに。
18分には右からのクロスボールを17番天本さんが見事なボレーシュート、右ポストに当たりはねかえります。
24分には東経大が連続のコーナーキック。2本目を頭で合わせて先制します(明学大0-1東経大)。
30分過ぎ、明学大は相手ゴール前で良い形になりますが、雨のためボールが止まってしまいます。
35分、ゴール前でエース10番の行武さんが良いポジションにいますがボールが止まってシュートならず。
一方、東経大もこの時間シュートで終わるシーンが多くなってきます。
40分、明学大の行武さんがゴール、と思われましたがその前のプレイで反則を取られます。
44分、行武さんの右クロスを7番黒石川さんがシュート、ディフェンスに当たります。
45分にも明学大は怒涛の攻撃、シュートを放ちますが得点に繋がりません。前半はこのまま終了致します。
また、明学大は前半終了間際にラフプレイで退場者を出します。1名少なく、1点ビハインドで後半に臨みます。







後半がスタートしますが、前半以上にボールが動きません。
10分、明学大が東経大ペナルティエリアからシュートを打ちますが、ディフェンスに当たります。
12分の明学大のコーナーキックから東経大のペナルティエリア付近での試合時間が長くなりますが、得点に結びつきません。
18分には行武さんがGKをかわしたシュートを放ちゴールと思いましたが、ボールが止まってしまいます。
20分にも3番の高橋さんが良い位置からシュートしますがディフェンダーに当たります。
ボールが雨のため動かないので、展開は大きく動きません。30分にも明学大はシュートを放ちますがボールが相手GKに届きません。
40分にも行武さんがシュート、ボールがGKの後ろに止まってクリアされてしまいます。明学大の怒涛の攻撃が続きます。
43分にも行武さんが見事なシュートを放ちますが、東経大GKがパンチングでコーナーキックに逃げます。
東経大サポーターは大騒ぎ、明学大サポーターからはため息が…。明学大の攻撃は続きましたが試合はこのまま終了。
前にいた東経大サッカー部員は「1-3くらいで負けてもおかしくなかった」と言っていましたが、明学大は1点が取れませんでした。







初戦敗退しましたが、サッカー部の状態は悪くないと思います。リセットして残り2試合に臨んでほしいと思います。
関東サッカー大会の第2戦は11月4日(土)16:20~VS国際武道大学(横須賀リーフスタジアム)との対戦となります。