箱根駅伝予選会は20位でゴール!!

体育会陸上競技部が10月15日におこなわれた第93回箱根駅伝予選会に出場し、
昨年28位からの大躍進、20位でゴールしました!!

昨年の雨と違い、当日は秋晴れの天気でスタート前の9:30はジャケットを着ていると
暑くて汗が出てくるような気候でした。

まずはスタート前、今年も應援團がエールを送ってくれました。
暑い中、本当にありがとうございました!!


そして9:35、いよいよ予選会がスタート。
立川駐屯地の滑走路を選手たちが一斉に走ります。



5km付近、団子状態で走る選手が多く、明治学院大学(以下、明学)の選手を探すのに苦労しました。
必死に明学のユニホームを探しながら、明治学院関係者(以下、応援隊)で精一杯の声援を送ります。
この時点で、明学選手の通過するタイミングが昨年より明らかに早くなっていることを感じます。

 



 





5km地点通過後、明学の応援隊は17km付近に移動して応援。選手にとっては特に苦しいポイントとなります。
そして、残り500m付近、ここでは再び應援團がエールを送ってくれます。
選手にとって一番きつい終盤でのこの声援は、大きな力になったと思います。  

 

 

 

 



ゴール後、走り終えた選手たちと応援隊で順位発表を待ちます。
速報では22位との話もあり、結果発表をハラハラしながら待ちました。

そして11:05、ついに結果発表がありました。
最終的な順位は「20位」。昨年の28位から大きく順位を上げ、応援隊からは歓声があがります。
タイムも「10:36:10」と昨年より14分40秒も縮めました。各選手の頑張りがタイムに大きく反映されました。
その中でも特に活躍が光ったのが、4年生の宮岡君でした。個人では明学トップの118位でゴールしています。
宮岡君以外にも、今年走った選手の多くは2年生で、この2年生も大変活躍しました。
半分以上の選手が来年も再び予選会を走ることになりますので、今後の明学の更なる躍進が期待できます。
「本選出場」、これまではどこか遠い話に感じていましたが、今回の予選会でいよいよ現実味を帯びてきたと
応援にきた誰もが感じたと思います。
来年は20位の壁を突破、そして再来年にはいよいよ15位以内を目指して欲しいと思います。頑張れ陸上部!!

各選手のタイムは以下の通りです
*****************************************
118位 1:01:57 宮岡 盛治 (経済・経済・4年) 埼玉
156位 1:02:39 佐久間 康弘 (法・法律・2年) 埼玉
171位 1:02:48 鈴木 陸 (法・法律・2年) 茨城
177位 1:02:53 大谷 智希 (法・政治・2年) 神奈川
229位 1:03:46 永沼 知大 (法・消費・3年) 千葉
234位 1:03:52 山内 郁人 (法・法律・2年) 神奈川
240位 1:03:57 雨宮 大地 (経済・経済・1年) 埼玉
264位 1:04:28 鈴木 太揮 (法・法律・4年) 静岡
269位 1:04:36 大安 慧斗 (法・法律・4年) 東京
299位 1:05:14 小野 快 (法・消費・2年) 神奈川 
*****************************************

今回も応援に来てくださった明治学院関係者の皆様、本当にりありがとうございました。



 
(最後に応援歌を全員で合唱しました)

 




(長距離のメンバー) 


(應援團と一緒に)