Faculty introduction

平和への志向、多様性への寛容という理念のもとに、社会の未来像を探究する

国際学部は1986年に開設されました。それ以後4半世紀、私たちは日本の内外において著しい社会の変化を経験しました。グローバリゼーションによって世界の相互関係はいっそう強められています。他方2011年3月の東日本大震災とそれに伴う原子力発電所事故は、私たちの社会の弱さと断層をまざまざと見せました。このような環境の変化に、大学はいかに応じるべきか。こうした問題意識をもって、国際学部では時代の要請に応じつつ、しかし普遍的な価値を目指した教育を試みています。2011年度には国際学科に加えて、国際キャリア学科を新設しました。未来の社会に向けて、ゼミを中心にした少人数教育、スタディーアブロードなどさらに充実したカリキュラムをデザインしていきます。

国際学部長 竹尾茂樹

人材養成上の目的・教育目標

国際学部の教育目標は、現代のグローバル社会の諸相を理解し、世界の平和と福祉に貢献する人材の育成である。グローバル社会の諸相を理解するためには、私たちが生活している日本社会を十分に理解したうえで、グローバル社会の諸問題を、政治・経済・文化の各分野から総合的に検討するという研究方法が不可欠であり、この総合的で学際的な研究方法こそ、本学部の顕著な特徴である。世界の平和と福祉に貢献する人材の育成のためには、現実に生じている複合的な問題を整理し、その解決策を探るだけではなく、世界の他の国の人々と直接コミュニケーションし、共同で作業を行うという経験が必要である。本学部では全学生が在学中にこれらの国際的な経験を積むことができるように配慮する。(学則第5条)

学科の人材養成上の目的・教育目標

国際学科 | 国際キャリア学科

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際学部では、以下のような能力を身につけ、かつ所定の単位を修得した学生に卒業を認定する。

  1. 明治学院共通科目および学科専門科目の多面的な履修を通して、基礎的な学習能力を養うとともに、国際的な政治・経済・社会や個別の文化、芸術に関する総合的な理解力を身につけること。
  2. 現実に生じている複合的な問題を整理し、その解決策を探る能力を身につけること。
  3. 世界の他の国の人々と直接コミュニケーションし、共同で作業を行う能力を身につけること。

学科の学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

国際学科 | 国際キャリア学科

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)とは
卒業認定・学位授与に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を示している。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際学部では、その教育理念を達成するために、以下の方針に基づいて、カリキュラム(教育課程)を編成する。

  1. 多様な専門分野と地域研究の科目を設置する。
  2. 4年間にわたり演習科目を中心としたきめ細かな少人数教育を実施する。
  3. 力強い英語力を育成する科目を設置する。
  4. 国外の大学での学習、教室外での学習も重視する。

学科の教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

国際学科 | 国際キャリア学科

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)とは
教育の実施に関する基本方針であり、卒業時に学生が修得しているべき知識・能力・行動等を育成するための学修段階に応じた教育計画、指導の方針等を示している。

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際学部では、下記の特性を持つ学生を積極的に受けいれる。

  1. 人間や社会に対する関心と探求心に富む人。
  2. 自分の考えや意見を明確に表現できる人。
  3. 社会に貢献する意欲のある人。
  4. グローバルな社会で自分の将来を考えたい人。
  5. 他の国の人々と共に考え、共に働くことに喜びを見出せる人。

学科の入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)

国際学科 | 国際キャリア学科

入学者受入れの方針(アドミッション・ポリシー)とは
入学者の受入れに関する基本方針であり、教育上の理念・方針に沿って、受験生に求める能力・意欲・経験・適性等や選抜方法を示している。