スマートフォン版を表示
ホーム  >  図書館について

図書館について

図書館の活動

【白金校舎図書館】貴重書展示「ふみ」展、開催中です



明治学院大学の貴重書庫には、数々の書簡が収められています。
今回はその中から本学の卒業生でもある、島崎藤村、馬場孤蝶、戸川秋骨の
三人の作家がしたためた直筆の書簡をご紹介いたします。

生活や思想、心情が直接的に表れる書簡。
眺めていると、どのような場所で何を感じながら書いたものかと、
あれこれ想像を膨らませることができます。
「字は人を表す」と言われますが、筆跡だけでなく便箋、葉書からも、
その人と成りや時代背景、作風までもが立ち上がってくるようです。
滅多に見ることのできない自筆の書を、ぜひこの機会にご覧ください。

藤村が自費出版で発表した初の長編小説『緑蔭叢書第壱篇』(のちに『破戒』へ改題)、
孤蝶の翻訳本『モオパッサン傑作集』、秋骨の随筆集『文鳥』など、
白金図書館が所蔵している貴重な出版物も展示します。

この白金校舎で共に学んだ、藤村・秋骨・孤蝶の三人は激動の時代をどう生きたのか。
めったに見ることのできない直筆の書と貴重書を通して、
先輩方の「息づかい」を感じていただければと思います。

また、併せて手紙や書簡に関する資料もご紹介しています。
時代を超えて残る手紙には、メールやLINEでは伝わらない”温度”があります。
久しぶりにペンを執って、お手紙を書いてみてはいかがでしょうか。

***************************************************************
展示場所:白金図書館2F 貴重書展示コーナー
展示期間:2021年4月中旬~7月下旬 (予定)
***************************************************************

*展示資料は[こちら](一部)





 (2021年4月17日)

【白金校舎図書館】ミニ展示「電子ぶっく活用法」開催中です



みなさんは、電子資料を活用していますか?

図書館には紙の資料のほかに自宅PCやスマホからも利用できる電子ジャーナルや電子ブックがあります。
「OPACでヒットしたときに、たまに見ている」ではもったいないですよ!

今回は日本語で書かれた書籍(和書)が読めるMaruzen eBook Libraryを中心にご紹介しておりますが、
他にも、洋書の専門書や百科事典、洋雑誌等が閲覧できます。

≪アクセス方法≫
ポートヘボン:学生生活>図書館>MyLibrary>データベース>目的別:電子ジャーナル・電子ブックを探す
>明治学院大学図書館 電子ブックリスト

入口が分かれば使い方は簡単です。
ぜひ積極的に活用して、情報収集に役立てましょう。

********************************************
展示場所:白金図書館2F 入口正面階段
展示期間:2021年4月~6月下旬 (予定)
********************************************

*紹介資料は[こちら]

 (2021年4月5日)

【横浜校舎図書館】「新入生へのおすすめ本」展示を開催中です!

新入生のみなさん、ご入学おめでとうございます!

横浜図書館1Fりぶら展示架では、
祝・横浜図書館が贈る「新入生へのおすすめ本」展示を開催中です。

大学での勉強、新しい生活のことが気になっているあなたへ
「大学での学習」「大学での生活」をテーマに
これからの大学生活で役立つ本、おすすめの本を集めました。

図書館活用の第一歩として、この機会にぜひご覧ください。

ブックリストはこちらから!

**********************************

祝・横浜図書館が贈る「新入生へのおすすめ本」展示
展示場所:横浜図書館1F りぶら展示架
展示期間:2021年3月17日~5月末予定

 (2021年4月1日)

続き