スマートフォン版を表示

新年のご挨拶(2018年1月)

新年明けましておめでとうございます。

新たな年を迎えられたことを祝うとともに、皆さまのご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

本学では、昨年までに「横浜キャンパス向上計画」において、図書館のリニューアルや新たな学生ラウンジ、ヘボンフィールドの整備、自立型エネルギーシステム導入などに取り組んでまいりましたが、今後、白金キャンパスの整備などを含め、さらなる改革に向け、本学の教育研究活動の充実に力を入れ、ローカル、そしてグローバルな規模での社会貢献の取り組みを、本学関係者が一丸となって進めていきます。

また、これまで、施設設備等のハード面における改革を進めてまいりましたが、今年、来年に向け、さらにソフト面における改善対応に力を入れ、柔軟な組織力を発揮していきたいと考えています。

今年は、法学部に新たに「グローバル法学科」を開設し、柔軟な異文化理解力と英語コミュニケーション力を基礎に「法」という客観的なルールに基づいて解決できるグローバル人材の養成にも取り組んでいきます。

創設者のヘボン博士が生涯貫いた精神“Do for Others(他者への貢献)”を教育理念に掲げる本学で、自らのことを知り、そして他者のために何ができるのかを考え、実行できる、そのようなしなやかな強さと優しさを持った人材の育成に向けて、取り組んでいきたいと思います。

2018年1月

明治学院大学学長

松原 康雄