スマートフォン版を表示
2018年3月1日

文連芸術祭2018にMGオリンピック・パラリンピックプロジェクトが参加しました。

2月17日、文連芸術祭にMGオリンピック・パラリンピックプロジェクトが参加し、展示と2018年平昌オリンピック冬季競技大会のパブリックビューイングを行いました。
ブースには、これまでのオリンピックポスターやプロジェクト紹介ポスターなどを展示。

この日はフィギュアスケート男子シングルのフリープログラムが行われ、羽生結弦選手や宇野昌磨選手の演技を生中継しました。羽生結弦選手がリンクに登場すると、スクリーンの前に多くの人が集まり、演技終了後は大きな拍手が沸き起こりました。

そして見事、羽生結弦選手が金メダル、宇野昌磨選手が銀メダルを獲得。再び拍手が沸き起こり、大変盛り上がりました。

MGオリンピック・パラリンピックプロジェクトは、今後もこのようなイベントを企画、実施し、2020年に向けてより多くの人にオリンピック・パラリンピックに興味を持って頂けるよう活動してまいります。