スマートフォン版を表示
2018年5月21日

横浜キャンパスで「子ども食堂」を開催!

5月12日(土)、英語による幅広いディスカッションやスピーチを主な活動とする大学公認団体「E.S.S.」の新セクション「地域貢献部」が、横浜キャンパスで「子ども食堂」を開催しました。
中学生以下の子どもとその保護者を対象に、地産地消をテーマに地域の輪をつくることを目的とした本企画。
当日、会場となったMGカフェに79名の方がお越しになり、子ども、保護者の方、地域の方、大学生が顔を合わせ、カレーを食べながら交流を深めました。 

「子どもを中心に、地域をつなげる架け橋となるような交流の時間を持つことができました。一過性のイベントではなく今後も継続して開催できるよう、改善を重ねていきたいです」
今後について語る佐々木さん(国際学科2年)。

明学生の主体的なボランティア活動を支援する「ボランティアファンド学生チャレンジ賞2017」を受賞した本企画。
次回の企画にも期待が寄せられています。