スマートフォン版を表示
2018年5月30日

中央区の老舗「にんべん」の魅力を大学生・外国人留学生が動画で紹介しています

本学は東京商工会議所中央支部と共に、若い世代・外国人に老舗企業の魅力を伝えるPR動画を制作しました。

神田良教授(経済学部国際経営学科)が「中央区老舗企業塾運営委員会」のアドバイザーを務めることが縁となり、学生3名、アメリカ人留学生1名、フランス人留学生1名の計5名が、2017年秋から、老舗企業の経営や株式会社にんべん(1699年創業。鰹節・鰹節等の加工食品の製造・販売)についてのグループ学習を開始。2017年12月29日、学生たちが、株式会社にんべん日本橋本店で経営者や海外事業部の担当者に取材し、店内の撮影や鰹節削り体験やだしの試飲、商品の試食等を行い、株式会社にんべんが持つ魅力を体験しました。

動画のストーリー構成や編集をはじめ、海外へのPRのための英語キャプション作りも学生たちが実施。和食に欠かせないだしの魅力、老舗企業の経営理念等について、若者の視点から紹介しています。

完成した動画は、本学および東京商工会議所のYouTube等で本日より公開しています。ぜひご覧ください。

 

動画タイトル:「老舗企業の魅力を留学生・大学生が発信!Vol.1 株式会社にんべん」

YouTube  https://youtu.be/FS98BpWBFM8 (再生時間:12分43秒)