スマートフォン版を表示
2018年12月4日

MGイエロースムージーで学生生活をサポート!

12月3日(月)、横浜キャンパス8号館インターナショナルカフェにて明学オリジナルの「MGイエロースムージー」(150円税込※価格に関して、大学保証人会より一部補助をいただいております)の販売をスタートしました。

今回のスムージーは、一人暮らしで野菜・果物が不足しがちな学生たちがターゲット。

アイデアから商品化までを「横浜キャンパスプロジェクト飲食環境充実検討チーム(通称:ごはん部)」に所属する学生たちが担当。弁当派、コンビニ派、学食派などどのような学生も“プラスで一品”しやすいよう、スムージーに目を付けました。

「目指したのは、明学のスクールカラーのイエローで、栄養も摂れるおいしいスムージー。見た目、味、コストのバランスをとることが最も大変でした」
そう語る上赤さん(消費情報環境法学科3年)と清水さん(国際学科4年)。
それぞれが野菜・果物不足を痛感する一人暮らし。商品化までの議論にも自然と熱が入ったそうです。

バナナ1本分やレモンなど、3種の果実と14種の野菜が入ったMGイエロースムージー。
砂糖無添加で、自然な甘みが楽しめます。
12月14日(金)までの試験販売を経て、継続販売を検討します。
横浜キャンパスプロジェクト飲食環境充実検討チームの今後の展開にご期待ください。