スマートフォン版を表示
2019年1月10日

2018年度明治学院プラチナカレッジが終了しました

2018年12月21日(金)2018年度明治学院プラチナカレッジ全5シリーズが終了しました。

最後を飾ったのは、井上孝代名誉教授による心理学「多元化社会での自分らしいポジティブな生き方~マクロ・カウンセリング心理学のすすめ~」です。

「自分が呼んでもらいたい名前を、その日の気分の色のペンで描いてください」――このシリーズとはこれまでとは違い「名札」を作るところからスタートしました。その後も、クレヨンで絵を描いたり、それぞれのアイディアを付箋に書いて模造紙に貼ったり…一味違った講義に受講生も盛り上がります。席の近い人と見せ合ったり、話を聞きあったりするときには、名札が距離を縮める大事な役割をはたしてくれました。

人生100年時代と言われる現代において、マクロカウンセリングの考え方をもとに井上先生が示してくれたポジティブな生き方は、受講生のこれからを明るく照らしてくれているようでした。

-----

6月からスタートした2018年度明治学院プラチナカレッジ。
これで全15回の講義がすべて終了しました。

政治・歴史学、キリスト教学、経営学、音楽学、心理学と幅広いジャンルの講義でしたが、共通するのは人生を少しだけ豊かにする視点を得られることだったと思います。
春から暑い夏にかけての緑深いキャンパスと、芸術の秋から冬にかけてのクリスマスに彩られたキャンパスを舞台に、金曜の夜には幅広い年代の受講生にお集まりいただきました。久しぶりのキャンパスでの学びを喜んでくださった卒業生の方、公開講座の常連の近隣の方、先生を慕って学びに来てくださった方、皆様ありがとうございました。

2019年度も新たなテーマでの講義を予定しています。
どうぞお楽しみに。



お問い合わせ先:総合企画室社会連携課 03-5421-5247
井上先生の講義は全員参加型で行われました
2018年度プラチナカレッジ講師をつとめた多彩な講師陣