スマートフォン版を表示
2019年5月27日

【CCクラブ】明治学院高校の「家庭科」で特別授業を実施しました

2019年5月17日(金) 

 明治学院大学と港区の協働連携推進事業で、地域リーダーの育成を目的とする「チャレンジコミュニティ大学」の修了生からなる「チャレンジコミュニティ・クラブ」のメンバーが、明治学院高校の「家庭科」で特別授業を実施しました。

 

 CCクラブのメンバーが高校で特別授業を実施するのは今年で2回目で、自らの生い立ち・人生経験・職業観について、高校3年生を前に熱く語りました。

 

 「自分の好きなことを見つけて仕事にして、猪突猛進してほしい」

 「海外に目を向けて、広い視野で物事を考える習慣をつけてほしい」

 「選り好みせず、学生の特権を生かして、何でも勉強・吸収してほしい」

など、今も地域で積極的に活動するシニアの方からのエールを受け、高校生にとっては刺激の大きい授業となったようです。

 

一方の高校生からは、

 「人生楽しそうで、年を取るのが嫌ではなくなった」

 「高齢者になってもハングリー精神を持つことが大事だと思った」

 「『私が変えなきゃ』という気持ちが伝わってきました。行動することが本当に大切なんだと思った」

といった感想が挙がり、CCクラブのメンバーにとっても、さらに勇気づけられる貴重な時間となりました。

高校生を前に熱く語る太田さん
授業後は高校生からの質問に丁寧にご対応いただきました