スマートフォン版を表示
2019年5月27日

【CC大学】増上寺見学を実施しました

2019年5月25日(土)

 

 2019年度入学のチャレンジコミュニティ大学の受講生にとって初となる、課外講座「日本美術史を愉しむために-見学-」が港区の増上寺
で実施されました。

 

 増上寺大殿地下一階の宝物展示室では、江戸時代後期の絵師 狩野一信筆の「五百羅漢図」や十分の一スケール模型で造られた二代将軍 秀忠
公の「御霊屋」を見学し、本学の山下 裕二教授や増上寺のご担当者の方から説明を受けました。

 

 宝物展示室の鑑賞後は、6人の徳川将軍などを奉る将軍家霊廟を見学しました。気温30度超の炎天下での見学となりましたが、「各将軍の霊
廟には時代ごとの文化や将軍家の財政状況などが反映されている」という説明に熱心に耳を傾けていました。

 

 6月は増上寺見学に続いて、港区郷土歴史館でさらなる港区の文化や歴史について学びを深めていきます。

宝物展示室への移動の様子
大殿前での説明
将軍家霊廟での説明