スマートフォン版を表示
2019年7月12日

【CC大学】「港区のしくみと行政課題(その1)」の授業を港区議会棟で実施しました

2019年7月10日

先週に続く今年度第4回目のチャレンジコミュニティ大学課外講義は、「港区のしくみと行政課題(その1)」と題して、普段の生活ではあまりなじみのない、港区議会棟で実施されました。
講義は4つのテーマに分けて進行されました。

最初の講義では武井雅昭港区長に、「港区の区政運営」について講義いただき、地域住民のニーズにあわせた政策をとれるよう、各々特色のある5支所が、自立した運営ができるように支所改革を実施したことなどが語られました。

田中副区長には、現行の港区の人口や財政状況を踏まえて、「区の政策形成プロセス」について講義いただきました。
小柳津副区長には、「街づくり・環境について」講義いただき、ビジネス街の側面だけでなく住民の生活を重視して、緑被率をあげて緑あふれる街づくりを進めてきた経緯や、再生可能紙の資源化に注力されていることも説明いただきました。

講義の最後は、区政運営の柱となる区議会本会議場を見学しました。 二島議長に議場を案内いただき、CC生は実際の議員席に着席するなどして興奮している様子でした。 CC生にとっては、自分たちの住んでいる港区について学習できる貴重な機会となったかと思います。



総合企画室 社会連携課 (お問い合わせ:03-5421-5247)

武井雅昭区長による講義
田中秀司副区長による講義
小柳津明副区長による講義
二島豊司議長による説明
議会席に着席するCC生