スマートフォン版を表示
2020年1月31日

(受験生・在学生の皆さんへ)新型コロナウイルス関連肺炎(COVID-19)に関する注意(2020年2月20日時点)

新型コロナウイルスによる肺炎(COVID-19)の感染が拡大しつつあります。 受験生・在学生の皆さんは、以下の内容を確認してください。

一般入試(B日程)・大学院入試の受験生の皆さんへ

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、2020年2月1日に同感染症を指定感染症に指定する政令が施行されました。本学では安全な受験環境を保持するため、マスクの着用を励行していますのでご協力をお願いいたします。試験時間中はマスクの着用を認めています。写真照合の際には監督者からの指示に従って、マスクを一旦外すようにしてください。

なお『入試要項(p.39)[入試における感染症(インフルエンザ等)への注意について]』にも明記しています通り、学校保健安全法で出席停止が定められている学校感染症(指定感染症を含む)に罹患し治癒していない場合、本学の入学試験の受験はできませんのでご注意ください。また、入学検定料の返還や追試験等の特別措置は行いません。

受験生の皆さんも、手洗いや「咳エチケット」など、風邪やインフルエンザへの対応と同様の感染症対策に努めていただき、試験に臨んでください。

また、大学院入試の場合、『大学院入試要項(p.1 ※PDF版ではp.14)[入試における麻疹(はしか)やインフルエンザ等の感染者への注意について]』にも明記しています通り、試験当日、インフルエンザや麻疹(はしか)、風疹、水痘(みずぼうそう)等に感染されている場合、受験することができません。また、入学検定料の返還や追試験等の特別措置は行いません。

在学生の皆さんへ

以下にコロナウイルスについての関連ホームページを掲載しますので、確認してください。 帰宅時や食前等の手洗いを励行し、咳やくしゃみ、鼻汁、咽頭痛、発熱などがある場合に限らず、マスク着用に努め、感染症対策を行ってください。特に、流行地域への不要不急の渡航は中止してください(※)。一旦入国しても、飛行機・船舶等の運航停止により出国できなくなる可能性があることに留意してください。 ※ 外務省:感染症危険情報(2020年2月14日更新)

■中国湖北省全域:レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(継続)
■中国浙江省温州市全域:レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)(引き上げ)
■中国上記以外の地域:レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(継続)

なお、中国(香港、マカオを含む)から帰国した学生は、次を参照し、適切な対応をするように努めてください。
参考:文部科学省通知(令和2年2月10日 元初健食第43号)への追加情報(令和2年2月13日事務連絡)

A)湖北省もしくは浙江省から帰国または湖北省もしくは浙江省在住の方と接触があった学生
①帰国日から2週間以内に発熱(37.5度以上)かつ呼吸器症状(以下単に「症状」という。)がある場合
他人との接触を避け、マスクを着用しすみやかに「帰国者・接触者相談センター」または最寄りの保健所に電話相談し、その指示に従うとともに、大学の健康支援センターに状況を報告すること。
②現に症状がない場合
現に症状がないものについては、特に帰国後2週間は、外出を控え、自宅に滞在してください。症状が出現した場合は、上記A)①の対応を取ってください。

(参考)保健所管轄区域案内(厚生労働省ホームページ)

B)湖北省もしくは浙江省を除く中国本土から帰国し、湖北省もしくは浙江省在住の方と接触のない学生
①帰国日から2週間以内に症状がある学生
他の人との接触を避け、マスクを着用するなどし、速やかに近くの医療機関を受診し、受診結果を大学の健康支援センターに報告してください。
②現に症状がない場合
現に症状がないものについては、特に帰国後2週間は、厳重な健康観察等を行ってください。症状が出現した場合には、上記B)①の対応を取ってください。 今後大学から発する新しい情報については、本学ウェブサイトに掲載しますので、適宜確認してください。

【コロナウイルスに関する情報】

新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について(内閣官房ホームページ)
厚生労働省ホームページ
国立感染症研究所ホームぺージ

【海外渡航に関する情報】

外務省海外安全ホームページ
在中国日本大使館ホームページ