スマートフォン版を表示
2021年1月7日

緊急事態宣言の発出を受けて

2021年1月7日

学生・教職員の皆様

明治学院大学
学長 村田玲音


 

 新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、本日(1月7日)には再び緊急事態宣言が出されました。まだ秋学期中であり、これから定期試験や入学試験を控えた時期です。学生・教職員の皆様は、強い不安を感じておられることと思います。現在の状況についての、本学の考え方をお伝えいたします。

 今回の緊急事態宣言では大学への休校は要請されておりません。また本学におきましても、感染予防対策を順次増強してまいりましたので、入構制限の措置をあらためて取ることはせず、大学の基本的な機能を現状のまま維持いたします。授業に関しては、文科省より、「対面授業とオンライン授業を適切に活用する」ことが求められております。本学では秋学期、既に「対面授業とオンライン授業の併用」を行っていることもあり、今学期の授業は学期末まで、予定通り行うことにいたします。また「対面による定期試験」についても、予定どおり実施いたします。この秋学期、明治学院大学では対面授業における教室の学生数を、教室収容定員の3分の1以下に抑えてきましたが、その措置を継続し、感染予防を徹底いたします。
 図書館の利用や事務窓口についても、閉鎖・縮小することなく維持することができると考えています。なお、課外活動全般については、活動中ならびにその前後の飲食の時間をふくめて、これまで以上に感染防止のための努力が必要です。学生部からの指示をまって、それを厳守するようにしてください。

 学生・教職員の皆様一人一人が、健康管理と感染防止に細心の注意を払って行動してくださるようにお願いいたします。またコロナの感染状況がさらに深刻化した場合には、上記の決定事項を変更せざるを得なくなるかもしれません。そのときは大学ホームページで速やかに連絡いたしますので、こまめにチェックしてくださるようお願いいたします。