スマートフォン版を表示
2021年6月3日

【CC大学】増上寺見学を実施しました

 去る5月22日(土)、2021年度入学のチャレンジコミュニティ大学(第14期生)にとって初めての、校外見学「日本美術史を愉しむために-見学-」を港区の増上寺で実施しました。

 当日は、「消毒の徹底」「室内見学時の会話は控えて“黙展”を徹底する」「1m以上のフィジカルディスタンスの確保」などの対策を講じての校外見学となりました。

 増上寺の宝物展示室では、江戸時代後期の絵師・狩野一信筆の「五百羅漢図」を鑑賞しました。従来の見学であれば、館内を引率いただいた山下裕二教授による解説が加わるのですが、受講生は“黙展”を徹底して、作品そのものを愉しんでいました。

 宝物展示室の鑑賞後は、徳川将軍家の霊廟を見学しました。屋外の見学でも、互いのフィジカルディスタンスに気を付けながら、受講生は住職による説明に耳を傾けていました。

 チャレンジコミュニティ大学では、これからも感染対策を徹底したうえで、地域コミュニティのリーダー育成のため、受講生に充実した学びの場を提供していきます。

消毒の徹底
「黙展」での鑑賞
フィジカルディスタンスを保っての徳川家墓所見学