明治学院大学ボランティアセンター  /  センターの活動  /  1 Day for Others  /  『1Day NEWS vol.01』発行!! ~国連WFP協会編~

『1Day NEWS vol.01』発行!! ~国連WFP協会編~

「WFPウォーク・ザ・ワールド」を盛り上げました

明学生なら「誰でも」「いくつでも」参加できる1日社会貢献プログラム「1 Day for Others」の魅力をお伝えする「1Day NEWS」。
すでに多くのプログラムが実施され、明学生も積極的に参加しています。

今号からは1Day2018の【実施報告】ということで、どんな1Dayプログラムが実施されたのか、参加学生の声とともにお届けします。

認定NPO法人 国連WFP協会は、飢餓と貧困の撲滅を使命とするWFP国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人で、日本におけるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口です。(国連WFP協会ウェブサイトより引用 http://ja1.wfp.org/jawfp)

「1 Day for Others」では、途上国の子どもたちの飢餓をなくすために国連WFPが開催するチャリティーウォーク「WFPウォーク・ザ・ワールド」に運営スタッフとして20名の明学生が参加しました。
ボランティア内容は受付や来場者の整理、ゴール地点での出迎え、レッドカップの販売、子ども向けブースの企画・運営、アプリ拡散など多岐にわたりました。
「ボランティアは初めて」という学生もいるなか、それぞれが役割に真摯に取り組み、さまざまな気づきがありました。またイベント運営のみなさんや参加者のみなさんからたくさんの刺激を受けたようです。

【Voice】参加学生の声

・明治学院だけでなく、さまざまな学校の学生さんと出会え、また職員の方とも出会えたところがとてもよかった。
・世界で起きている問題について、まず知ることが大切。知らない人たちにいかに気づいてもらえる機会を提供できるかが重要だと感じた。
・今までボランティアをしたことがなかったが、人と協力することの難しさや、自分で気がついて働くことの大切さに気づいた。
・初めて大きなイベントの裏側に関わった。たくさんの人の力で運営されていることがわかった。
・ゴール地点での出迎えでは、参加者のみなさんがまた来たいと思ってもらえるような対応を心がけた。そうすることで、より多くの人にWFPの活動への理解や興味を深めてもらい、より支援の輪が広がるといいと思う。

☆明学生のためのスペシャルプログラム「企業インタビュー」「参加者インタビュー」については、1Dayニュースをご覧ください!


クリックでPDFがひらきます
 

これまでご紹介した1Day NEWS

【vol.00】NPO法人 ワールドランナーズ・ジャパン
  運営ボランティアとして参加する大会をランナーの視点から感じよう

【vol.00-1】特別非営利活動法人 マドレボニータ
  産前産後ケアプログラムで女性の心と体を元気に

【vol.00-2】日本電気株式会社 NEC
  “NEC Make-a-Difference Drive”を知ろう


【1 Day for Others とは?】

  • 明学生が周辺のコミュニティ、NPO、NGO、企業などを訪問し、「1日ボランティア」「1日インターン」を体験するイベントです。
    明学生なら誰でも気軽に参加できます。
    ⇒詳しくはこちら
    http://www.meijigakuin.ac.jp/volunteer/activity/1day/


   

お問い合わせ先

ボランティアセンター

  • 横浜キャンパス TEL 045-863-2056(月~金 10時~17時)
  • 白金キャンパス TEL 03-5421-5131(月~金 10時~17時)
 
E-mail:
1 Day for Othersトップページ