障がいのある学生への支援内容

学習や学生生活において、学生本人が支援を受けることを希望し、その必要性が認められた学生が支援の対象になります。

対象 学部生、大学院生
共通
  • 履修、事務手続きにおける配慮
  • 語学、情報、演習、実習科目における配慮
  • 定期試験の配慮(時間延長、別室受験、点字受験など)
  • 授業担当教員への配慮事項の伝達、支援に必要な会議のコーディネート
  • 情報機器の利用支援
  • 卒業後に向けた支援
視覚障がい
  • 教材のテキストデータ化、拡大
  • 点訳(必修科目の一部)
  • 対面朗読、代筆、代読、映像教材の解説
聴覚障がい
  • 手書きノートテイク
  • パソコンノートテイク
  • 手話通訳
  • FM補聴システムの貸し出し
  • 映像教材(ビデオなど)の文字起こし・字幕つけ
肢体不自由
  • 教室配置の配慮
  • ポイントテイク
  • 教室間の移動介助
  • 駐車スペースの確保
発達障がい
  • 個別支援

※その他、病気や怪我などを抱えており、一時的に障がいを負った学生も支援の対象に含みます。