2016年度特設ページ

1 Day for Others 2015

speacial feature

昨年の1Day for Othersの様子昨年の1Day for Othersの様子
昨年の1Day for Othersの様子昨年の1Day for Othersの様子
昨年の1Day for Othersの様子昨年の1Day for Othersの様子

「1 Day for Others」は、明学生がキャンパスを1日飛び出して、社会に貢献し学びを深めるボランティアセンター主催のイベントです。

※2016年4月18日(月)から順次エントリーを開始します。

募集のお知らせなど最新Newsはこちらから>>

「1 Day for Others」を通じて…

【2015年度参加者】

ボランティアって何?を
知るための第一歩>

参加学生の写真参加学生の写真

佐藤秀彰さん(法律3年・
「1Day for Others 2015」リーダー)

昨年、「1Day for Others」に参加して、「ボランティアをする」とはどういうことなのか、そして社会人として「働くこと」についても深く考えるきっかけになりました。たくさんの人とつながることで、さまざまな考え方があることを知り、社会勉強になる機会だと思います。

【2015年度受け入れ先】

「働く」って
楽しいことなんだと伝えたい>

受入先担当者様の写真受入先担当者様の写真

(株)大川印刷
代表取締役社長 大川哲郎 氏

仕事を通して、どのように社会に貢献できるのかを考えることが大切だと思います。企業にとって、地域とのつながりは、人の役に立つ、必要とされるためのヒントが得られる機会。地域貢献の実践を学びながら、働くことの楽しさを感じてほしいですね。

ボランティア、インターン… 4つのジャンルから選べます

1 Day for Others 「人とのつながりを実感」コースのボランティアの様子1 Day for Others 「人とのつながりを実感」コースのボランティアの様子

1人とのつながりを実感

地域には、子どもから高齢者まで様々な人が暮らしています。子育て支援や高齢者のケアなど、人と人がつながることで解決できることがたくさんあります。支えあうことの大切さを実感しよう!

1 Day for Others 「地球規模で社会課題に取り組む」コースのボランティアの様子1 Day for Others 「地球規模で社会課題に取り組む」コースのボランティアの様子

2地球規模で
社会課題に取り組む

世界が抱える社会課題は地球規模で考え、取組んでいく必要があります。貧困や病気、差別や偏見に苦しむ世界中の人々に何ができるのか、かけがえのない地球の環境や自然をどうしたら守れるのかを考えてみよう!

1 Day for Others 「ビジネスで社会課題に挑戦」コースのボランティアの様子1 Day for Others 「ビジネスで社会課題に挑戦」コースのボランティアの様子

3ビジネスで社会課題に挑戦

社会課題の解決を目的にビジネスを起こした社会起業家たち。そんな起業家たちの熱い想いに触れ、ビジネスと社会のイイ関係を“発見”しよう!

1 Day for Others 「企業の社会的責任について知る」コースのボランティアの様子1 Day for Others 「企業の社会的責任について知る」コースのボランティアの様子

4企業の社会的責任
(Corporate Social Responsibility)
について知る

多くの企業が利益を追求するのと同時に、よりよい社会を目指して収益の一部を社会に還元する活動を展開しています。CSRの実態を知り、その意義について考えてみよう!

あなたのその1日を
誰かの想いに触れる1日に
してみませんか?