明治学院大学ボランティアセンター  /  【活動報告】熊本復興支援プログラム

【活動報告】熊本復興支援プログラム

明治学院大学ボランティアセンター及び学生有志による九州のための緊急支援チーム「SET( Student Emergency Team for Kyushu)」は、平成28年熊本地震の発生後、
 ・緊急支援としての募金活動
 ・障がいのある方の自立支援としてのクッキー販売
 ・熊本学園大学ボランティアセンター(現準備室)の立ち上げ支援
などに取り組んできました。

今年9月、防災・減災活動や東日本大震災の復興支援活動、近隣での地域活動を続けてきた学生や、熊本出身の学生などあわせて6名が熊本を訪問。
熊本学園大学との合同ワークショップや益城町の仮設住宅でのサロン(熊本学園大学の学生さんの取り組みに参加)のほか、熊本における震災被害と復興の様子について、理解を深めてまいりました。

日程

2016年9月16日(金)~18日(日)

参加者

学生:6名(男性2名、女性4名)
 参加学生の所属…ボランティアセンター学生事務局長、「Do for Smile@東日本」陸前高田チーム(熊本出身)、「Do for Smile@東日本」大槌・吉里吉里チーム、地域活動、W(ワイ)ゼミ(社会福祉学科生を中心とした自主グループ。「明学防災プロジェクト」に取り組む。)2名
引率:2名(ボランティアセンター運営委員 原田教授、市川 ボランティアコーディネーター)

活動スケジュール

9月16日<1日目>

午前  ◇ 熊本空港着、益城町の視察
午後  ◇ 熊本学園大学とのワークショップ
     ・熊本学園大学における震災時の取り組み
     ・明治学院大学ボランティアセンターからプレゼンテーション
     ・ディスカッション「学生が地域に寄り添う意味」

   

9月17日<2日目>

   

9月18日<3日目>

午前  ◇ ユニットハウス村について

    ◇ おひさまカフェでの活動

夜   ◇ 熊本空港発、帰路へ

   

平成28年熊本地震 ボランティアセンターの取り組み