スマートフォン版を表示

【PRIME・社会学部石原ゼミ共催研究会】エネルギーと民主主義: 電源開発の時代から「ご当地エネルギー」の時代へ

開催日 2018年10月3日(水)
時間 18:30~19:45
会場 明治学院大学 白金校舎 本館2階1252教室
主催 【共催】明治学院大学社会学部石原ゼミ、明治学院大学国際平和研究所
開催概要 本報告では、戦後70年間の日本における電力業界の変遷を遡りながら、電源開発と民主主義の関係を検討する。技術者、企業、官僚、そして地域住民など、電源開発に関係のあった諸アクターが抱いた、さまざまな社会的ビジョンとその影響を分析する。本報告は、主に福島県を事例としながら、1950年代の河川総合開発、70年代の原子力発電開発、90年代の電力自由化、そして2011の原発事事故以降の「ご当地エネルギー」(地産地消エネルギー)の台頭を扱う。

■講師:Hudson Spivey (ハドソン・スパイビー)氏
(社会学部付属研究所研究員/UCLA Ph.D. Candidate)
■司会:石原俊(社会学部教授/PRIME所員)

言 語 :英語・通訳なし(日本語の報告要旨を配布。質疑応答は日本語でも可)
参加申込 :事前申込み不要、参加費不要

【共催】明治学院大学社会学部石原ゼミ、明治学院大学国際平和研究所

お問い合わせ先

【お問い合わせ】
明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
TEL:03-5421-5652 FAX:03-5421-5653
E-mail:prime@prime.meijigakuin.ac.jp
URL:http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20181003/

Back