スマートフォン版を表示

【PRIME後援講演会】青い地球を未来に残すー人類最大の危機 核兵器と気候変動を考えるー

開催日 2019年9月17日(火)
時間 19:00~21:00(18:30開場)
会場 明治学院大学 白金校舎 3号館地下1階3101教室
主催 【共催】 ヒバクシャ国際署名連絡会 / 350.org Japan 【後援】 明治学院大学国際平和研究所
開催概要 世界経済フォーラムが発行する「グローバルリスク報告書」の2019年版によれば、影響が大きいリスクの1位が「大量破壊兵器(核兵器、化学兵器など)」、2位が「気候変動の緩和や適応への失敗」。核兵器と気候変動の問題は、地球で生活する私たちが向き合うべき最も緊急性の高い問題なのです。私たちは今、変化を起こすのための行動が求められています。

そこでこの度、2017年にノーベル平和賞を受賞した国際NGO、ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)でダイベストメント(銀行に対する投資引き揚げ)キャンペーンを担当するスージー・スナイダーさん来日に合わせ、気候変動について活動している国際環境NGO「350.org Japan」と共催でトークイベントを開催することにしました。

・私たちの生活になくてはならない「銀行」が核兵器の製造や、気候変動を引き起こす産業になくてはならない存在…?
・銀行にお金を預ける預金者として、私たちの小さな行動が大きく世界を変えるかもしれない…?

などなど、グローバルリスクから地球を救うため、私たちに求められる行動について考えてみませんか?


言 語 :日本語
参加申込 :参加費無料、専用フォームより申込要(9月15日締め切り)

●登壇者  
スージー・スナイダー氏(PAX核軍縮担当。ICAN国際運営委員)  
横山隆美氏(350.org Japan代表)
●モデレーター  
川崎哲氏(ピースボート共同代表、ICAN国際運営委員)
●発言者  
被爆者・濱住治郎氏
●進行  
鈴木慧南(ヒバクシャ国際署名事務局)  
林田光弘(ヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダー)  
荒尾日南子(350.org Japanフィールドオーガナイザー)

■ヒバクシャ国際署名内イベントペページ
https://hibakusha-appeal.net/news/event201909/

■申し込みフォーム(締め切り:9月15日)
https://forms.gle/9Bu5ge2hKmyRS4AcA

■参考
350.org Japan ホームページ https://world.350.org/ja/
ヒバクシャ国際署名ホームページ https://hibakusha-appeal.net/

【共催】 ヒバクシャ国際署名連絡会 / 350.org Japan
【後援】 明治学院大学国際平和研究所

※チラシはこちらから自由にダウンロードいただけます。
http://firestorage.jp/download/646815404e5cbca5e613098a5f991fb8dc0f74a1

お問い合わせ先

■ヒバクシャ国際署名
https://hibakusha-appeal.net/

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20190917/

Back