スマートフォン版を表示

【PRIME主催研究会】東日本大震災、原発事故からの10年を考える①―震災、コロナ、障害を語り合うワークショップ

開催日 2021年3月5日(金)
時間 13:00~15:30
会場 ZOOMによるオンライン開催
要申込:Googleフォームよりお申込みください。
    https://forms.gle/g4PXbFTGiFSVBA4o7

参加無料
主催 主催:明治学院大学国際平和研究所(PRIME)、共催:社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館
開催概要

研究プロジェクト「<開発>経験の環境史」研究会
東日本大震災、原発事故からの10年を考える①―震災、コロナ、障害を語り合うワークショップ

 東日本大震災から10年が経とうとしています。 この一年はコロナ禍によって世界全体が揺さぶられました。 震災、コロナ、そういった大きな言葉、強い言葉から 不安が生まれ、偏見や分断が深まっていきます。
 このワークショップでは障害のある人のアートを通じて、人々の偏見を揺さぶり、想像力を広げてきた福島県猪苗代のはじまりの美術館、そして、大阪釜ヶ崎で表現活動に取り組んできた NPO法人こえとことばとこころの部屋に協力いただきながら、この10年の経験をめぐる一人ひとりの想いに向きあい、共有し、そして私たちの想像力を自由にすること、 私たちの思考力をしぶとくしていくこと、そのための知恵を探ります。

日時  :2021年3月5日(金) 13:00~15:30
場所  :ZOOMを利用したオンライン開催
申し込み  :要 Googleフォームよりお申込みください。
       https://forms.gle/g4PXbFTGiFSVBA4o7
       お申込みいただきました方に、当日の参加方法等、詳細をご案内させていただきます。
参加費 : 無料

【プログラム】
 第一部 13:00~13:40
  土屋康一さん×岡部兼芳さん、大政愛さん
  展覧会「みんなが知らない土屋康一/わたしが知ってる土屋さん」をめぐるトーク
 第二部 13:50~15:30
  震災、コロナ、原発事故、 一人ひとりの小さな声に耳をすませるワークショップ 「こころのたねとして」
  ファシリテーター 上田假奈代さん(NPO法人こえとことばとこころの部屋代表/詩人)
 ※適宜、休憩と質疑応答の時間を設けます。

主催  :明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
共催  :社会福祉法人安積愛育園 はじまりの美術館

※東日本大震災、原発事故からの10年を考える②を、3月8日(月)13:00~
 東日本大震災、原発事故からの10年を考える③を、3月26日(金)午後 
 にて計画しています。
 企画内容が決まり次第、順次お知らせいたします。

お問い合わせ先

明治学院大学国際平和研究所(PRIME)
■TEL:03-5421-5652  ■FAX:03-5421-5653 
■URL:http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/
■E-MAIL:prime@prime.meijigakuin.ac.jp

関連リンク

http://www.meijigakuin.ac.jp/~prime/events/events20210305/

Back