スマートフォン版を表示
2019年10月9日

【社会連携】2019年度 明治学院大学公開講座(横浜校舎)が開講しました

 「2019年度明治学院大学公開講座(横浜校舎)」が10月 5日(土)に開講し、50人を超える受講生が初回講義に臨みました。

 今年度の明治学院大学公開講座(横浜校舎)は、「本当に戦争をしない国になるために」をテーマに、本学の国際平和研究所が主催しています。戦後、多くの日本人が意識し続けてきた「平和」の意味を改めて考える講座となっています。

 初回は、本学の高原孝生教授が「『平和』を問いなおす-平和学の挑戦」と題して講義を行いました。 講義では、ノルウェーの社会学・平和学者ヨハン・ガルドゥングの戦争がない状態を平和とする「消極的平和」と、差別といった「構造的暴力」がない「積極的平和」という考え方などが紹介されました。

 受講生は、‘戦争がない状態≠平和’ということではなく、個々人が平和の捉え方を見つめなおす大切さを痛感できた講義になったのではないかと思います。

 明治学院大学公開講座(横浜校舎)「本当に戦争をしない国になるために」は、11月 16日(土)まで、全5回を開催予定です。
 今後のスケジュールについては、下記のリンクにも詳細がありますので、受講ご希望の方は奮ってご参加ください。(※受講料は全5回で2,500円となります。)
 https://www.meijigakuin.ac.jp/extension/yokohama.html


お問い合せ:総合企画室 社会連携課
(℡ 03-5421-5247)

 

高原孝生教授
熱心に講義を聴く受講生