スマートフォン版を表示
2020年11月4日

【社会連携課】2020年度 「明治学院大学みなと区民大学」(※オンライン講座)を開講しました

 「明治学院大学みなと区民大学」は、毎年、公益財団法人 港区スポーツふれあい文化健康財団と本学が共催する公開講座で、今年度は本学の心理学部付属研究所が「こころを探り、人を支える」をテーマに全6回の講座を企画しました。

 一時は新型コロナウイルス感染症感染拡大のため開講が危ぶまれましたが、Zoomを使ったオンライン形式とすることで、開講にこぎつけることができました。

 最初はZoomに慣れない方も多かったようですが、回を重ねるごとに操作にも慣れ、対面講座と変わりなく受講いただくことができたかと思います。

 特に、社会でのアートやラーニングの役割を解説した手塚専任講師(本学教育発達学科)や、STEM教育について解説した辻教授(本学教育発達学科)の講座では、身の回りの素材を使って顔をつくる工作や、遠くまで飛ばすことのできる紙飛行機をつくるワークショップが行われました。ご自宅で受講いただけたからこその取組みで、楽しい学びの時間をお過ごしいただきました。

 来年度も「明治学院大学みなと区民大学」は開講予定です。明治学院大学は、With コロナの新たな日常下でも、充実した学びの場を提供していきます。

 

【参考】明治学院大学みなと区民大学のホームページ(※今年度分はすでに終了)

https://www.meijigakuin.ac.jp/extension/shirokane.html


 

お問い合わせ:総合企画室社会連携課(℡:03-5421-5247)

身の回りの素材で「顔」をつくるワークショップ(10月15日(木)講座)
講座配信の様子