スマートフォン版を表示
2021年4月19日

新型コロナウイルス感染症の学外でのクラスター発生に伴う大学の措置について

2021年4月19日

在学生・保証人の皆様

明治学院大学
学長 村田玲音

 

 本学学生団体の学外での活動からクラスターが発生したことは、すでに4月16日(金)Webサイトでお伝えいたしました。その後、感染の拡がりが確認されたため、大学としてはこの状況を重大に考えております。

 当該団体関係者には、16日(金)以降自宅待機を義務付けていますが、当該団体の学生と接点があった学生のいる可能性を考慮して、自宅待機前の最後の登校日と考えられる4月15日(木)から起算して2週間となる4月29日(木)までの期間を、経過観察期間と位置づけ、大学の全てのキャンパスについて以下の措置を取ります。

1) 本日付けで全教員に、なるべく《対面授業(同時配信併用)》を遠隔で行うよう依頼しました。manaba等で教員の指示を確認して、授業を受講してください。ただし、これに伴うキャンパスの入構制限は設けません。

2) この期間、学生の皆さんは自身の判断で授業を遠隔で受講できます。このための特別な申請は不要です。

3) 万一、体調不良を感じた場合は大学への迅速な報告をお願いします。
健康支援センター(白金) :hsc@mguad.meijigakuin.ac.jp
健康支援センター(横浜) :yhsc@mguad.meijigakuin.ac.jp
その場合は、学内の感染拡大防止の観点から行動履歴の確認と詳しい経過報告をお願いすることがあります。

4) 課外活動については、学生部からの発信をご確認ください。

 今後の状況によっては、この措置について期間延長もあり得ます。その際は改めてWebサイトでお知らせいたします。
 東京都、神奈川県の新規感染者数が憂慮すべき状況になっております。今回のクラスターも感染対策をとらない飲食が原因の一つでした。感染対策をとらない飲食は屋外であっても避けてください。
 皆様も全ての局面で感染防止に対して、より一層の対策徹底とご協力をお願いいたします。