スマートフォン版を表示

ライティング支援カウンター

アカデミック・ライティングをサポートします

明治学院大学ライティング支援カウンターでは、全学部学科生を対象に横浜キャンパスの図書館2階パーチ(渡り廊下)においてレポート全般(卒業論文は除く)の作成に関する相談を受け付けています。レポート課題が出たけれど何から始めればよいのか迷っている人、書いた内容になんとなく自信が持てない人、大学院博士後期課程以上のチューター(特別TA)があなたのアカデミック・ライティングをサポートします。チューターとの対話を通して、論理的で主張の根拠がはっきりとわかる、説得力のある文章を目指しましょう。

レポート課題が出たけれど…・何から始めればいいの?
・何を書けばいいの?
・私の日本語これで大丈夫?

ライティング支援カウンターの利用を予約テーマ、構成、文献検索、引用の作法などについて相談

伝わる文章が書ける!カウンターを活用して、より優れた書き手に成長しましょう

自立した書き手になるために

ライティング支援カウンターの最終的な目的は、学生の皆さんが書き手として独り立ちすることです。
そのため、「ここはこのように直しなさい」というように正解を示すことはしません。
すぐに答えを示されてしまうと、いつまでたっても自分で進められるようにならないからです。
チューターは、皆さんが自分で問題に気づき、改善していくお手伝いをします。
したがって、カウンターではいわゆる添削や代筆は行いません。

ライティング支援カウンターの利用について

・ライティング支援カウンターでは、『アカデミック・ライティング・ハンドブック』(入学時配布)に基づき、チューターとの1対1のセッションをご用意します。チューターとの対話を通じて、レポート作成の問題点にみずから気づき、考えをまとめ、自立した書き手として成長してゆきましょう
・大学のレポート全般(卒業論文は除く)の相談を受けつけます
・カウンター利用は原則として予約制(随時受付)ですが、空きがあれば飛び込み利用も対応します
・まだ何も書いていない、アイデアや構想段階の相談も歓迎します
・作成中の原稿や構想メモがある場合は、予約完了メッセージの指示に従い、事前に送信してください

〈チューターが対応できること〉
a. レポートのテーマの決め方
b. 具体的な「問い」の立て方
c. 段落構成の仕方
d. 参考文献の探し方
e. 出典表示や参考文献表のつけ方
f. より高度な文章表現への仕上げ方

〈チューターが対応できないこと〉
a. 文章の添削(一字一句直すことはできません)
b. 課題内容の確認(課題の指示が不明な場合は、担当教員に確認してください)
c. 共通科目「アカデミック・ライティング演習1」のレポート課題
d. 就職活動・インターン関係の原稿の扱い(キャリアセンターで相談できます)

パンフレットはこちらから

予約サイトはこちら

国際学部生はこちらも利用いただけます

場所

横浜キャンパス 図書館2階パーチ(渡り廊下)
【重要】2021年度春学期のライティングサポートは、感染防止の観点から全面的にオンラインで開始します(対面対応を再開する場合は事前にアナウンスします)。詳しくは予約サイトでご確認ください。

利用時間(2021年度春学期)

・1回のセッションで、最大40分間のサポートが受けられます
・昼休みには、短時間で相談できる20分間のショートセッションもあります

第1セッション 12:15-12:55
第2セッション 13:30-14:10
第3セッション 14:20-15:00
第4セッション 15:15-15:55
第5セッション 16:05-16:45
第6セッション 17:00-17:40

ショートセッション
13:00-13:20

利用した学生の声(アンケートより)

•何からレポートを書き始めればよいかわからなかったのですが、相談をし、おおまかな流れがつかめたのでとてもよかったです。
•話しやすい雰囲気で指導してくださったのでありがたかったです。質問にも的確に答えていただいて、悩みが解決しました。
•質問だけではなく今後やるべきことなどもアドバイスをくださってとても参考になりました。またぜひ利用したいです。
•細かい疑問にも丁寧に答えてくださって、不安が解消されました。
•参考文献の書き方のアドバイスがとてもわかりやすかったです。
•一対一ということで緊張していたのですが、チューターさんが優しく話しやすい雰囲気で、とても良かったです。

おすすめ