スマートフォン版を表示
2019年9月11日

合気道部 第12回合気道錬身会全国演武大会で入賞!

本学の合気道部が、8月31日(土)江戸川区スポーツセンターにて開催された「第12回合気道錬身会全国演武大会」に出場し、入賞しました。
合気道部から以下のレポートが届いております。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
8月31日(土)江戸川区スポーツセンターにて、第12回合気道錬身会全国演武大会に出場しました。
大会には明学大・上智大などをはじめとした学生のみではなく、
OBや海外の道場から参加される方もおり、日頃の稽古で磨いた技術、技の威力などを競い合いました。
 

 
初めに、競技部門ではない「自由技の部」では、新主将の澤登宏樹(法律学科3年生)を筆頭に3年生部員6名が全員出場しました。
観客から歓声が上がるなど非常に良いパフォーマンスを見せてくれました。
 

 
次に、競技部門では、
「身の部:1級以下」で、高野織衣(政治学科2年生)・松橋香子(社会学科1年生)の1・2年コンビが入賞。
「錬の部:初段以上」で、宇和川亮(教育発達学科4年生)・白石恵大(経済学科4年生)ペアが第2位。
細田幸奈(心理学科4年生)・坂田恭一郎(明学大OB)ペアが第3位となりました。

大会閉会式では、審査委員の先生から、
「今回の大会では、若い力が非常に印象的ないい大会でした。」とのお言葉も頂き、若く力強い技がそれぞれ入賞の決め手になりました。


 
次回、11月3日(日)白金祭にて、15:00開場・15:30開演~で演武会を行ないます(途中退室も可)。
イベントは、パレットゾーン白金第2・第3アリーナ(地下3階)にて開催しますので、お気軽にお越しください。